カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. アンチエイジング >
  4. その他 >
  5. 老化による顔の「たるみ」はなぜおきるのか

美容・ダイエット

老化による顔の「たるみ」はなぜおきるのか

 

年を重ねると重力により顔もたるんできます。寝転がって鏡を見た時にグッと若く見える、という人はたるみの度合いが大きいようです。加齢によってお肌はどのようにたるんでいくのでしょうか。

 

 

■肌内部の「繊維」が緩むため


お肌の表面を「表皮」、それより深い部分を「真皮」といいますが、この真皮の中にはお肌にハリを出す元となる繊維が走っており、これがピンと張りめぐらされているとお肌も張っています。しかし、老化によりこれが緩んだり切れたりすると、皮膚もたるんできてしまいます。

 

■筋肉の衰え


足や腕などの筋肉は、それを動かすために骨にくっついています。しかし顔の筋肉の場合は皮膚にくっついています。これにより、顔の筋力が衰えたるんでくると、皮膚まで一緒にたるんでしまうことになります。この顔の筋肉は「表情筋」というもので、顔の表情を変えることで鍛えられます。シワができるのが嫌だからとあまり表情を動かさないようにするのは逆効果ということですね。しかし、大袈裟に表情を変えながら行うエクササイズは肌内部の繊維にダメージを与えかねませんので、正しいエクササイズで鍛えるようにしましょう。

 

■セルフマッサージは控えて


たるんだお肌を持ち上げようと、さまざまなマッサージ方法やグッズが登場しています。しかし、マッサージでお肌内部の繊維が伸びたり切れてしまったりすることがあり、おすすめできません。マッサージっでリフトアップさせたい場合は、顔のマッサージの知識がある専門家に施術してもらうようにしましょう。自分で行う時は、お肌の血行をよくして栄養を行き渡らせられるようにする、力を入れないマッサージを行うとよいでしょう。

 


見た目年齢を大きく左右するたるみですが、お肌の血行をよくし、表情筋を鍛えることでググっと持ち上げていきましょう!

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/28-359998.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

見た目年齢の決定には「頬」が特に大事という研究結果…頬の筋肉を鍛えるエクササイズも紹介!

最近発表された、工学院大とポーラ化成の共同研究で、「見た目年齢の決定には頬が...

老化の原因となるホルモンの分泌量の変化について

  体が老化する原因にはさまざまな要因がありますが、その中の一つに「ホルモンの...


年齢に適した無理のない運動を!~ウォーキングで老化を予防~

  年をとると筋肉が細くなり、よくつまずくようになったり歩く足取りもおぼつかな...

紫外線対策を怠るのは老化の悪習慣!しみの原因に注意!

屋外で過ごすことも多くなる6月以降、紫外線対策には力を入れましょう。レジャーを楽...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る