カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 老眼 >
  5. 眼の老化~「老眼」には視力の良い人のほうがなりやすい?!

気になる病気・症状

眼の老化~「老眼」には視力の良い人のほうがなりやすい?!

「視力がいいから老眼になりやすい」という話を聞いたことはありませんでしょうか。はたしてこれは本当のことなのでしょうか。

 

■目がものを見るしくみ

目のピントを調節する機能が衰えてくると「老眼」になり始めます。レンズの役割をする「水晶体」は、毛様体筋という筋肉にくっついています。この毛様体筋が緊張すると水晶体が厚くなり近くのものがよく見えるようになり、緩むと薄くなって遠くがよく見えるようになります。

 

若いうちはこの水晶体が柔軟で毛様体筋の動きによく反応するのですが、加齢と共に水晶体が硬くなり、変形しにくくなることでピントを合わせずらくなります。これが老眼になるしくみです。

 

このピントを調節する力は早くは10代から始まっており、40歳をすぎる頃から自覚症状が現れてくる傾向にあります。

 

■視力の良い人が老眼になりやすい理由とは

若い頃からずっと視力が1.5を下回ったことがない、などという視力が良いタイプの人は、もともとが遠視気味であり、遠くや少し近めの位置を見るときも毛様体筋が緊張し、水晶体を厚くさせているようです。

 

そのため、より近くを見る時には更に水晶体を分厚くさせる必要があり、衰えも早くなるということがあるようです。ただし、近視の人がなりにくいかというとそうではなく、元々近くが見えないため老眼が始まっていると気づきにくいのでは、とも言われています。

 

老眼というと、いかにも老人になってしまったと感じてしまうため、多少不調が出てきても「近視だから大丈夫」「視力がいいから問題ない」と、自分を納得させて治療を先送りしてしまうこともあるようです。

 

眼の不調や肩こりや頭痛など、他の症状も引き起こすことがありますので、早めに自分の眼に合った老眼鏡を用意するなど、対策を取っていく必要があります。「もしかして老眼かな」と思い当たることがあれば、早めに検査してもらうようにしましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老眼に関する記事

老眼かな?と感じたら

    「細かい字が読みにくくなった」、「明るいところではものが見えるが...

わかりやすく説明します!「遠視」と「老眼」の違いとはどんなもの?

      遠視と老眼は「近くが見えずらい」視覚障害です。 遠視と老眼の違いを調...


若いから老眼が起こらないなんて大間違い!スマホを使って目が疲れたと感じている人は危険!

老眼というと、その文字からある程度年齢を重ねた人がなるものと想像します。しか...

簡単老眼チェック

  早い人は40歳くらいからなるのが老眼です。 今まで目が疲れることなんて少...

カラダノートひろば

老眼の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る