カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 背中 >
  5. 肩甲骨にダイエットのカギが!褐色脂肪細胞を刺激して脂肪燃焼

美容・ダイエット

肩甲骨にダイエットのカギが!褐色脂肪細胞を刺激して脂肪燃焼

肩甲骨を動かすことで脂肪を燃やすというダイエット方法があります。

これは肩甲骨付近にある「褐色脂肪細胞」というものに関連があるようです。

 

褐色脂肪細胞とは

人の体の脂肪細胞には大きく分けて「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」があります。

白色脂肪細胞は、体内にある余ったエネルギーを脂肪に変えて蓄えるという働きをするもので、皮膚のすぐ下や内臓に多く存在します。

 

褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼させ熱を生み出す働きがあり、肩甲骨付近や首のまわり、鎖骨付近に多く存在します。

生まれたての赤ちゃんに最も多く、年をとるごとに減少していくようです。成人では、肩甲骨付近以外にはあまりみられなくなります。

 

褐色脂肪細胞を刺激するダイエットの法

この褐色脂肪細胞を活性化させるためには、運動したり刺激を与えたりすることが効果的だとされています。

肩甲骨を回したりストレッチしたりする体操をしてみましょう。

水泳などは、肩甲骨を頻繁に動かすので適しているようです。

 

また、刺激を与えるために、肩甲骨や首回りに冷水と温水を交互にかけるという方法もあるようです。

 

どちらもやりすぎはかえって体に良くありませんので、違和感が出てきた場合はただちにやめるようにしましょう。

また、冷水を使うと体にも負担になりますので、少しずつ慣らし、無理をして行わないようにしましょう。

 

この褐色脂肪細胞の量が多かったり活動が活発であったりするとたくさん食べても太りにくいようです。

「やせの大食い」というのはこういった特徴を持った人達なのかもしれません。

 

褐色脂肪細胞の働きが活発な人は、食べると細胞のある部分の体温がそうでない人よりも上昇する傾向にあるようです。

成人になってから増やすことはできないそうなので、体操などで刺激を与えて脂肪を燃焼させていきましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

姿勢が悪いと背中に脂肪が付きやすくなる

薄着の夏、下着で締め付けられはみ出した背中の脂肪が、気になりませんか? 自分の...

なかなかお肉が落ちにくい!背中のダイエットに必要なポイントとは?

背中のダイエットに必要なこと ダイエットする時、おなか周りやお尻、足などの...


引き締まったしなやかな背中を目指そう!背中の脂肪を取るには?

  脂肪のない引き締まってしなやかな背中は女性の理想です。 下着で締め付...

簡単なストレッチで背中美人!?

  日頃、自分ではあまり目にすることのない背中ですが、実は結構他人からは見...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る