カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. お肌 >
  5. 生理の仕組みって?月経時の体の変化とホルモン不調が招くトラブル!

女性のカラダの悩み

生理の仕組みって?月経時の体の変化とホルモン不調が招くトラブル!

女性の体は、毎月排卵と生理(月経)を周期的にくり返しています。

これは、卵巣から出されるホルモンの変化によって起こります。

 

ここでは、生理のしくみと子宮の役割について見ていきましょう。

 

子宮の性状

子宮は、人によって多少の大きさの違いがありますが、大きめの鶏卵大の袋状の臓器です。

「子宮体部」という上部の3分の2の部分と、「子宮頚部」という下部3分の1に分けられています。

子宮体部は薄い膜につつまれていて、それを「子宮」と呼びます。

 

子宮は、厚さ1~2センチほどの筋肉でできています。

その筋肉は、大変伸び縮みをし、出産の直前には長さが30~35センチ、幅は約25センチにまで伸びます。

 

そして、出産する時には収縮して赤ちゃんを押し出そうとしたり、出産後には、また元の大きさまで縮むのです。

 

子宮の役割

子宮の役割は、妊娠期間中に胎児を育てることです。

その内側は、子宮内膜という薄い膜でおおわれています。

 

その膜は基底層と機能層に分けられ、機能層は女性ホルモンの働きで、妊娠準備のために周期的に厚くなります。

妊娠しなかった場合は、その膜が剥がれ落ちて体外に出ます。

その繰り返しが「月経」です。

 

女性ホルモンを分泌するのは「卵巣」

女性ホルモンは子宮から分泌されている、と思われがちですが、それは間違いです。

女性ホルモンは卵巣から分泌されています。

 

卵巣から分泌されるホルモンは、直接子宮に届くのではなく、いったん血管内に入って肺から心臓を経由して、子宮に到達します。

そうすることによって、子宮の活動がコントロールされているのです。

 

卵巣って?

卵巣は、親指の先ぐらいの大きさで、子宮や卵管、靭帯に支えられて、腸の間に埋もれています。

女性は生まれた時からその卵管のなかに100万~200万個の原子卵胞(卵子のもと)を持っています。

 

初潮から閉経の時まで、毎月、左右のいずれかの卵巣から、成熟した卵子が一つ飛びだし、これを「排卵」といいます。

 

排卵・生理が起こる仕組みとは?

脳と卵巣のキャッチボールで生理が起きる

排卵や月経のサイクルは、中枢神経(脳)によってコントロールされています。

 

脳から下垂体へ信号が送られて、卵胞刺激ホルモンがでると、卵巣では卵胞が発育し、エストロゲンを分泌します。

卵胞が十分に成熟すると、その情報が脳の下垂体に伝わり、黄体化ホルモンが分泌されて排卵が起こります。

 

排卵した後、そのくぼみには黄体がつくられて、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。

 

このように、脳の下垂体からの情報を受けた卵巣は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンを分泌し、そのホルモンの影響で子宮内膜が厚くなって、月経が周期的にやってきます。

 

妊娠と月経

排卵期に卵巣から飛び出した卵子は、卵管に吸い込まれ、精子を待っていますが、タイミングよく性交が行われた場合には精子と出会って受精します。

その受精卵が子宮の内膜に着床すれば、妊娠となります。

 

妊娠しなかった場合には黄体が14日間くらいで退化し、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量の低下がおこります。

この急激なホルモンの低下により、必要が無くなった子宮内膜が出血を伴って剥がれ落ち、膣から出されます。

これが月経です。

 

ホルモン不調を放置すると、さまざまなトラブルが?!

生理の周期が短い、たまにしか来ないといった生理不順の状態を放置していると、無月経や不妊症につながる可能性があります。

 

私たちの体には、ホルモン・自律神経・免疫からなる、危機管理システムが備わっています。

ですが、ストレスや栄養不足の状態が長期化すると、「いまは子孫を残すことよりも命を守ることが優先」と判断してしまい、生殖機能をストップさせてしまいます。

 

また女性ホルモンは、骨や血管を強くするなど、女性の健康を守る働きがあります。

 

生理が止まることはデメリットが大きい

生理が止まるということは、こうした女性ホルモンの恩恵も受けられなくなるということです。

子どもを産めなくなる以外にも、デメリットが多いのです。

ですから、本来きちんと生理があるべき20、30代なのに、3ヶ月以上生理がない人は病院に行くなど、すぐに対策が必要です。

 

(Photo by:写真AC

著者: くまさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お肌に関する記事

生理中は肌荒れしやすい!?女性ホルモンの影響について

生理前後にかけて、ニキビや吹き出物が出やすい人がいます。 生理は、女性ホルモン...

生理中にトラブルが起きてしまったら

  生理前、生理中は肌荒れをしやすい時期です。ニキビが出来たり、乾燥してカサカ...


生理前の肌荒れは改善できる?生理周期に合わせたスキンケアもご紹介!

ニキビや吹き出物…トラブルに見舞われたお肌を見て、がっくりする女性も多いので...

生理前の紫外線はお肌の大敵!紫外線から肌を守ろう

  紫外線は、この時期は常に気になるものですが、特に女性が紫外線の対策を強化し...

カラダノートひろば

お肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る