カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳疲労 >
  5. 脳疲労の時エネルギー源にできるのは糖分だけ!

気になる病気・症状

脳疲労の時エネルギー源にできるのは糖分だけ!

 

仕事や勉強で脳が疲れたら、「甘いものを食べて疲労回復しよう」とチョコレートなどを食べることがあるでしょう。実際に摂取し始めると疲れが癒され、リラックスした気分になったという経験がある人も多いでしょう。これは脳が疲労している時は糖分が不足している時であるためです。脳は糖分のみをエネルギー源としているため、外から糖分を補わなければ回復させることができません。

 


■「糖分だけ」なのは脳だけ


エネルギー源となる糖分は「ブドウ糖」というものです。筋肉や内臓もブドウ糖をエネルギー源としているのですが、不足した場合は体内に蓄えてある「グリコーゲン」という物質からブドウ糖を作り出します。それも無くなると、今度は体内の「脂肪」を分解してエネルギーとして利用することになります。ところが脳の場合ブドウ糖が不足しても、ブドウ糖を貯蔵するしくみや他のものを分解してエネルギーを取り出すことができないため、放っておくと活動が低下し、意識がもうろうとしたり機能を失ったりしてしまいます。


■ブドウ糖だけをエネルギー源にする理由とは


脳はコンピューター以上に精密たくさんの機能が備わっており、できるだけ余分なシステムは持ちたくないというところがあります。そのため、ブドウ糖を貯蔵したり分解したりする機能は省かれており、外部から取り入れるという単純なしくみになっていると考えられています。また、脂肪などを分解してエネルギーを取り出す際には、他の不要な物質も発生します。これを処理するのは脳にとって無駄な働きになりますので、分解しても水と二酸化炭素にしかならないブドウ糖のみを使用するようになったとも言われています。

 


高性能なわりにエネルギーの供給はシンプルである脳ですが、疲労したと感じたときは糖分を補ってあげるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/17-020435.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳疲労に関する記事

頭が疲れた…脳疲労の原因になるものとは?

  試験の勉強や仕事に集中し頭をたくさん使った後は、「頭が疲れたな」と感じるこ...

脳疲労回復には糖分だけでは足りません

  脳疲労の状態が続くと情緒不安定になり、症状が悪化すると肥満やうつ病になる可...


脳内の情報伝達がうまくいかなくなる「脳疲労」の回復方法

  脳疲労は身体的疲労と異なりなかなか脳疲労と気付くのが難しい点があります。脳...

脳疲労時の症状は低血糖時におこることも

  脳がエネルギー源である糖分を十分に摂取できない時に、脳疲労がおこります...

カラダノートひろば

脳疲労の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る