カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 周期・リズム >
  5. 生理にまつわる不調は食生活で改善!生理周期に合わせて必要な栄養素を補おう

女性のカラダの悩み

生理にまつわる不調は食生活で改善!生理周期に合わせて必要な栄養素を補おう

a1180_006547.jpg生理が不規則、痛みが辛い、生理前になると鬱っぽくなったりイライラする・・・

こんな悩みが食事で改善できるかもしれません。

生理周期にあわせて必要な栄養素をおぎなうことによって、不調を和げたりすることもできるでしょう。

 

生理周期ごとに必要な栄養素とは?

生理開始~生理終了(リセット期)

この時期は、生理痛に悩まされたり、血行の悪化によって冷えやすかったりします。

子宮収縮による痛みを和らげる脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)が豊富な青魚は、血合いの部分に鉄を多く含みます。

体を温める作用が高く、血液のめぐりを良くする生姜で冷えを防ぎましょう。

 

生理終了~排卵(ヤセ期)

心身ともに快調で、ダイエット効果が出やすい時期です。

ですが、大切な子宮内膜が作られる時期なので、「食べないダイエット」はよくないでしょう。

粘膜の材料になる亜鉛は貝類やナッツ類に豊富に含まれています。

代謝アップを後押しするスパイス類でダイエット効果を高めましょう。

 

排卵から次の生理までの約2週間(デトックス期)

便秘気味、むくみ、イライラなどがたまりやすい時期なので、デトックスを意識しましょう。

腸の働きを活発にする食物繊維や発酵食品は、朝からしっかり取るのがコツです。

ドライフルーツやヨーグルトがおすすめです。

リラックスを支える脳内神経伝達物質・セロトニンの合成を助けるビタミンB6はバナナで手軽に取れます。

 

周期のどのタイミングでも補給したい栄養素

生理不順や生理痛に悩んで受診する人に血液検査を行うと、タンパク質と鉄が不足している人が圧倒的に多いと言われます。

タンパク質は女性ホルモンの材料となり、鉄は子宮内膜や血液に欠かせないため、これらの不足が女性ホルモンのバランスや子宮内膜の状態を悪くする原因にもなっています。

 

女性ホルモンや元気な子宮・卵巣づくりのベースとなる栄養素であるため、生理周期のどのタイミングでも補給するのをおすすめします。

タンパク質を多く含む食品としては、肉や魚、卵、チーズ、豆腐や納豆、貝類などがあります。

鉄を多く含む食品としては、煮干しやひじき、小松菜やレバーなどがあります。

 

イライラや痛みに悩んでいる方は、ぜひ意識して栄養を取ることを心がけてみましょう。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●子宮がんのサイン?女性の6割以上が経験したことのある不正出血、生理との見分け方

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: ナムルさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

周期・リズムに関する記事

生理中の情緒不安定はなぜ起こる?女性ホルモンバランスの変動由来が原因ってホント?

男性と同じようなハードなスケジュールや、仕事に内容のタフさを求められるときに...

予定に生理がかぶりそう…そんなときに実践してみたい「生理を早める方法」

楽しいイベントや大事な予定に生理がかぶりそうになったとき、生理がそれよりも前...


生理を止めたい!遅らせたい!ピルから気持ちのコントロールまで、有効な方法をまるっとご紹介

毎月やってくる生理ですが、プールや温泉などの予定があると、ちょっと困ってしま...

女性の生理はうつる?うつらない?本当はどうなの?その謎を徹底解剖!

生理中の人に近づくと、生理がうつるという話を聞いたことはありませんか? 風...

カラダノートひろば

周期・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る