カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. インフルエンザ >
  5. インフルエンザの予防接種における医療費免除について

気になる病気・症状

インフルエンザの予防接種における医療費免除について

 

冬になると流行するインフルエンザですが、かかると心身ともにダメージが大きいですし、仕事や学校、子育てなどに支障をきたしてしまいますので予防接種を受けておきたいところです。普段、何らかの理由により医療費が減額、もしくは免除されている場合、インフルエンザの予防接種の費用はどのような扱いになるのでしょうか。

 


■インフルエンザの予防接種は保険外


生活保護、母子家庭、震災の被災者である場合などは、病気等で診察・治療を受けたときに医療費が減免となることがあります。しかし、保険の適用外となる治療(はりやあん摩など)の場合は、減免の対象とはならないことがほとんどです。インフルエンザの予防接種は、病気の治療のためではありませんので健康保険の対象外となり、通常であれば費用は自己負担となります。

 

■費用は自治体によって異なる


保険の適用とならないインフルエンザの予防接種ですが、自治体によっては条件を設け、当てはまる人に対し費用を助成しているところもあります。予防接種の費用はそれぞれの病院・診療所が金額を決めており、全国一律という訳ではありません。自治体が費用を助成する場合は、「条件に当てはまれば○○円負担しますので、残りは自己負担で払ってください」といったものが多いようです。また、65歳以上の人や60歳以上で他に持病があり感染すると危険な場合、かつ生活保護を受けている人に対しては、費用を全額免除し無料で接種できるとしている自治体も多く見受けられます。自分の住民票がある市区町村の担当窓口で確認するとよいでしょう。

 


費用に関しては国で一律に決められている訳ではないので、少しわかりにくいと感じるかもしれませんね。お年寄りや子供、普段から医療費が減免されている人は、予防接種費用の助成制度の対象となることもありますので、受ける前に確認しておくとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/24-375543.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インフルエンザに関する記事

「新型インフルエンザ」と「季節性インフルエンザ」の違いとその症状とは?

     冬の間、ニュースなどで良く聞く「インフルエンザ」。毎年、高齢者や子供...

インフルエンザワクチンが3種類→4種類に対応!それって何がすごいの?

あなたはインフルエンザワクチンを毎年打っていますか?2015年に、4種類のウ...


免疫力アップでインフルエンザを予防する食事~3つのポイント!

  インフルエンザを予防するには予防接種が有効ですが、接種した型と違ったタ...

副反応などにも注意!インフルエンザワクチン予防接種の受け方

  ワクチンの原料によるアレルギー インフルエンザワクチンはその製造工程で...

カラダノートひろば

インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る