カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. インフルエンザ >
  5. インフルエンザの検査の仕方とタイミング

気になる病気・症状

インフルエンザの検査の仕方とタイミング

 

インフルエンザにかかったかな、と思ったら病院へ行き、感染しているかどうか検査を受けます。病院の検査というと、「結果は1週間後に」などとすぐには検査結果がわからないイメージもありますが、インフルエンザの場合は、早ければ15分以内に判定することが可能です。

 

■検査の仕方


最も多いのが「迅速診断キット」による検査です。鼻やのどの粘膜を採取し、インフルエンザウイルスがいるかどうかを検査します。鼻から綿棒を入れてぬぐうというやり方が多いでしょう。一瞬痛みを感じることもありますが、とても手早く行われることが多いので、さほど苦痛ではないでしょう。喉から採取する方法もありますが、鼻のほうがウイルスの濃度が高く、正確に検査できるようです。この検査により、インフルエンザA型とB型のどちらに感染しているかも判定できます。15分ほどで結果が出ますので、発症から48時間以内に治療を開始することが重要であるインフルエンザにはありがたい早さです。他には「血清抗体検査」といって、血液を採取しウイルスに対する抗体が存在するか調べることで感染の有無を判断するものもあります。この検査は結果が出るまでに時間がかかりますので、あまり用いられないようです。

 

■検査のタイミング


ウイルスの濃度が検査キットが感知できる下限値に達していない場合、感染していても結果が陰性となる場合があります。正しく判定するには、我慢できるのであれば発熱があってから半日から16時間後くらいが望ましいようですが、症状が重く辛い時には無理せずに病院へいくとよいでしょう。症状からインフルエンザの疑いが濃厚な場合は薬を処方してくれる場合もあるようです。48時間以内に治療を開始したいところなので、早すぎても遅すぎても問題があり、タイミングが難しいですね。

 


すぐに検査結果が出るので、体調が悪い時でも負担が少ないでしょう。学校や職場、家族で感染している人がいる場合は、発熱があったらすみやかに検査を受ける方がよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/24-375575.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インフルエンザに関する記事

「新型インフルエンザ」と「季節性インフルエンザ」の違いとその症状とは?

     冬の間、ニュースなどで良く聞く「インフルエンザ」。毎年、高齢者や子供...

免疫力アップでインフルエンザを予防する食事~3つのポイント!

  インフルエンザを予防するには予防接種が有効ですが、接種した型と違ったタ...


インフルエンザが流行する季節とその感染経路とは?

    インフルエンザの流行時期は世界各地で異なり、温帯地域では毎、例年冬季...

インフルエンザワクチンが3種類→4種類に対応!それって何がすごいの?

あなたはインフルエンザワクチンを毎年打っていますか?2015年に、4種類のウ...

カラダノートひろば

インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る