カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 緑内障 >
  5. 失明原因第一位!緑内障ってどんな病気?

気になる病気・症状

失明原因第一位!緑内障ってどんな病気?

a0002_008266.jpg


緑内障は、日本では失明する原因の第一位となっています。
どのような病気なのでしょうか?


■視野が欠けてくる

緑内障を引き起こす視神経の障害の要因はいくつか考えられますが、最もはっきりしているのは「眼圧」です。

眼圧とは、眼球の内部で内側から外側に向かって常にかかっている圧力のことで、これによって眼球は休憩を保ち、スクリーンの役目をする網膜はピンと張った状態になっています。

この眼圧が高くなって、視神経乳頭が圧迫された状態が続くと、神経線維が切れてしまうことがあります。

すると、視野の中に神経繊維が切れた場所に対応して見えない部分が現れます。

これが緑内障です。


■殆どの場合、症状がないまま進行してしまう

緑内障の場合は殆どの場合、自覚症状が全くないままゆっくりと時間をかけて病気が進行していきます。

緑内障の代表的な症状は、視野が狭くなったり一部がかける「視野欠損」ですが、視神経の障害が起きてから、この症状があらわれるまで、5~10年くらいかかります。

また、視野欠損も進行が遅く、10年、20年というゆるやかなペースです。

視野に見えにくいところが出てきても、ちょっと見え方が変わったくらいにしか感じられず、異常に気がついた時には末期まで進んでいることもあります。

視野の欠損は、片目で見た時、視野の中心よりも鼻側のやや上の部分から始まることが多いようです。

ですが、両目で見るとほとんど気づきません。

急性の緑内障では、激しい頭痛目の痛み吐き気などの症状が現れることもあります。


■定期的な自己チェックや人間ドックで見つける

緑内障は、人間ドックや眼科の検診などで行う緑内障の検査で見つかるケースが一番多いようです。

意識して自己チェックをすると共に、定期的な検査も欠かさないことが大切です。



(Photo by //www.ashinari.com/2012/07/25-366058.php )


著者: ナムルさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

緑内障に関する記事

緑内障のセルフチェック

    緑内障はほとんどの人の場合、自覚症状のないまま病気が進行します。   ...

自覚症状がほとんどない!?緑内障チェック

年を重ねるごとに目に異常を感じる人が増えてきます。その中でも緑内障は年々増えてお...


正常眼圧緑内障の治療法って何?

   40歳以上の28人に1人が正常眼圧緑内障と言われています。 正常眼...

急性緑内障は発作後24時間以内が勝負!

      急性緑内障は発症後24時間以内に適切な治療を受けることが鍵...

カラダノートひろば

緑内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る