カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. パソコンによって引き起される肘痛

関節痛・腰痛

パソコンによって引き起される肘痛

 

 

一昔前は、肘痛といえば主に野球などのスポーツに伴う関節の変形や損傷が原因でした。しかし現代ではパソコンの普及によってデスクワークによる肘痛の方が増えているのです。パソコンに不可欠なキータイピングによって、腱鞘炎などの肘痛の原因となる疾患を引き起すことになっています。

 

■パソコンによるデスクワークによる肘痛

●指先を酷使することで腱鞘炎に
現代社会のデスクワークはパソコンの普及によってキーボード操作が主流となっています。このキーボードのタイピングは熟練者であるほど、指先が複雑に激しく動くことになり、その負担が腱鞘炎の発症を引き起こします。
さらに、その腱鞘炎の痛みが発生する患部が手先ではなく、肘付近の腱の炎症になることもあります。

●長時間机に肘をつき、体重をかけることで肘痛に
さらにパソコンなどで長時間作業を続けるとどうしても両肘を机に乗せて、体重をかけた状態になりがちとなります。
肘が過剰に圧迫され続けることで、肘部管症候群という肘痛を誘発する尺骨神経の圧迫や肘の筋肉の衰えを進行させることに繋がるのです。

たしかに忙しいときは自分の身体のことは二の次になりがちですが、それでも適度に腕を休ませ、リラックスして正しい姿勢で仕事をするように心掛けなくてはいけません。また、腕を休ませる際に腕のマッサージやストレッチをすると効果的でしょう。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1891)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

飲酒によるビタミン不足でおこる関節痛

飲酒によってビタミン代謝に影響が及び、深刻なビタミン不足を招く場合があります。...

突き指予防と治療にはテーピングが有効

    スポーツに付きものの突き指、予防対策にも治療法にもテーピングが有...


体は1つにつながっている!膝が痛いけど内臓の病気だった?!膝の痛みと内臓との関係

  膝の痛みがあるとき、膝に違和感があるときには、まず膝の病気を疑うのは普通の...

運動している男の子に多い?「成長痛」や「スポーツ障害」、オスグッド病とは?

「オスグッド病」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?オスグッド病とは、思...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る