カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. ストレッチ >
  6. 肘痛予防には適切なウォームアップ

関節痛・腰痛

肘痛予防には適切なウォームアップ

 

 

肘痛の原因となるのは関節や腱の損傷であり、関節や腱が損傷する最大の原因は、充分なウォームアップをせずに、身体が硬い状態で無理矢理動かしているからなのです。

 


●鍛えても強くなるとは限らない関節と腱


スポーツなどをして身体を鍛えれば、筋肉がつき力が強くなるのは当たり前のことですが、だからと言って関節や腱は鍛えただけ強くなるとは限らないのです。
筋肉は酷使しても直ぐに再生し、それまで以上の強度に修復することで強くなりますが、関節や腱は傷ついて元通りに戻るとは限らず、消耗品と考えるべきものなのです。鍛えれば鍛えるほど消耗し、強くなる筋力によってさらに危険な状態となる事になります。

●運動前のウォームアップで関節と腱を柔らかく


そんな消耗品の関節や腱を少しでも守る為には、激しい運動をする前に充分なウォームアップなどをして、関節や腱を柔らかくほぐし、できる限り消耗しないように準備をすることが必要です。

●痛みを感じたら直ぐに治療を


そして、関節や腱に痛みを感じたなら、それは実際に傷ついているということであり直ぐに運動を止め、関節や腱の傷や炎症が軽度の内に完全に治すことが重要となります。消耗品だからこそ、軽度の内に早急に対応することで、長期間にわたり長く使い続けることができるのです。
そして、忘れがちなのがスポーツなどの激しい運動だけではなく、デスクワークやキーボードタイピング、ピアノなど手先だけを激しく動かすことでも関節や腱は消耗するといえるでしょう。
激しい運動に比べて疲労が感じられ難いだけ、より細心の注意が必要となります。
適度に休憩を挟み、指先の体操やマッサージなどを挟むようにして指先を守りましょう。
(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1615)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレッチに関する記事

その肩こり、背中のこりが原因かも!? 肩甲骨ストレッチ法

  肩こりの原因は肩にあると思いがちですが、実は肩甲骨周辺の筋肉が緊張して...

「成長痛」や「スポーツ障害」、オスグッド病を予防するには正座が効果的?!

オスグッド病とは、激しいスポーツを行っている男児に多い膝の痛みです。スポーツ...


椅子でお尻をストレッチ、立ってねじってストレッチ!オフィスで簡単に腰痛解消する2ステップ

座りっぱなしでも立ちっぱなしでも、ずっと同じ格好を保ち続けるのは、体にとっては...

医療費の削減効果あり!ダイエットだけでなく腰痛にもヨガが効果的?

  デスクワークや立ち仕事などによって、男女問わず腰痛持ちの方が増えていま...

カラダノートひろば

ストレッチの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る