カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. ダウン症 >
  6. ダウン症における消化器合併症は早期の手術が必要

育児・子供の病気

ダウン症における消化器合併症は早期の手術が必要

 

ダウン症の合併症として最も多く見られるのが先天性の心疾患ですが、それに次いで多く見られるのが消化器疾患で、ダウン症児の約20%に認められます。消化器疾患は生命を維持する上で障害になることが多く、生まれてから早い時期に手術する必要が出てきます。

 

 

消化器の疾患とは?

消化器とは胃、小腸、大腸、直腸、肛門といった消化管と、それに付随する肝臓、胆嚢、すい臓といった食べ物の消化に関係する臓器のことを指します。生きる上で食べ物から栄養を摂取し、排せつすることはとても大事なことですから、そうしたことからも早期の手術が必要になるのです。

 

ダウン症に合併する消化器疾患

十二指腸閉鎖症・腸狭窄症

…十二指腸閉鎖症や腸狭窄症は腸の一部が途切れていたり、狭くなっていたりするものです。主に嘔吐膨満感黄疸などの症状が見られ、生前に発見されることが多いです。

 

鎖肛

…鎖肛とは生まれつき肛門がうまく作られない疾患で、肛門は消化の後に残ったものを体外に出す重要な役割をしています。鎖肛ではこの肛門がない、あるいは極端に小さい、あるいは位置がずれていると言ったことが生じ、一般的には見た目で分かりますし、膨満感おう吐などの症状も見られます。

 

ヒルシュスプルング病

これは巨大結腸とも呼ばれる疾患で、消化管の動きをコントロールする腸の神経節細胞がないため、重い便秘や腸閉塞を引き起こします。症状としては排便困難膨満感下痢発育障害などがあります。

 

肥厚性幽門狭窄症

胃から十二指腸につながる幽門が厚くなって、ミルクなどを吐き出してしまう疾患です。生後23週間からミルクを吐くようになり、次第に頻度が高くなっていきます。次第にミルクを飲ませるたびに噴水のようにふいてしまい、体重が減ってしまいます。嘔吐を繰り返してしまいますが、本人はミルクを欲しがり、それでも十分な水分補給ができずに脱水症状に陥ります。

 

 

これらは代表的なダウン症の合併症状としての消化器疾患です。しかし、ほとんどの場合進行した後ではなく、生まれる前か生まれてすぐに発見されます。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/17-020456.php?category=51])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダウン症に関する記事

ダウン症の子供はもちろん、親にも重要な療育とは?

  何らかの先天性の障害を持って生まれてきた子どもは、早いうちから治療教育(療...

ダウン症の根本治療は可能か?

  ダウン症とは21番染色体が1本過剰にあることによって生じる疾患です。明確な...

病気と症状の体験談

いきなりのじんましん!原因は!?

授乳後にじんましん、もしかして、アレルギー!? 次男の授乳後に足にできている無数のじんましんを...

あかちゃんの顔の赤み、腫れの正体

息子は5ヶ月頃から、目の上や顔に赤い虫刺され跡のようなものがプクッといくつかでるようになりました。 ...

カラダノートひろば

ダウン症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る