カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. ヘルニア >
  4. 原因 >
  5. 姿勢の悪さが原因?~若者の椎間板ヘルニア~

関節痛・腰痛

姿勢の悪さが原因?~若者の椎間板ヘルニア~

 

 

最近は、椎間板ヘルニアによる腰の関節痛を訴える世代がどんどん若年化してきています。それというのも、若者の世代での姿勢の悪化が常態化していることが最大の原因です。

 

 

●椎間板ヘルニアの原因は姿勢の悪さ

 

椎間板がずれ、内容物の随核などが飛び出る椎間板ヘルニアは、日常的に姿勢を悪くしているため、椎間板にかかる負担が偏ってしまうことが最大の原因です。
短期間の姿勢の悪さならばそれほどではなくても、常日頃から悪い姿勢が癖となり、何十年も負担が偏って蓄積することで、椎間板ヘルニアを引き起すことになります。

●椎間板ヘルニア発症の若年化


一般的には、椎間板ヘルニアは姿勢の悪さによる負担の偏りがあったとしても、実際に発症するまでには長い年月が必要す。
そのため、ほとんどが中高年の疾患と認識されていました。
しかし最近では、椎間板ヘルニアを発症する若者が増えている傾向にあります。
それだけ若者の姿勢が悪くなっているという要因もありますが、それだけではなく運動不足による筋力の衰えや、逆に激しいスポーツを行なっていることも原因となるのです。

1.運動不足


現在若者の運動不足による筋力の低下は深刻な問題であり、それは腰を支える筋肉にも当てはまります。
長年の負担により椎間板がずれてヘルニアになるということは、蓄積する負担腰を支える筋力に拮抗し、それを超えたということでもあるのです。
腰を支える筋力自体が低下していると言うことは、ヘルニアを発症しやすくなっているともいえます。

2.スポーツ


激しいスポーツ、特に野球の打者やゴルフなど、腰を一方向に激しくひねるスポーツが椎間板に偏った負担をかけ続けることになり、椎間板ヘルニアの発症リスクを高め、より早い時期に症状を発症させます。

日頃からの姿勢の悪さにより腰を支える筋力が低下、運動不足や逆にスポーツによる腰の負担などで椎間板ヘルニアとなるリスクが増大し、若者の腰痛が年々増加し続けることになっているのです。

(Photo by:  //www.photo-ac.com/main/detail/5703)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

男性の椎間板ヘルニアは肥満が原因かも…

  成人男性が椎間板ヘルニアになる大きな原因の1つが、肥満です。太るとなぜ...

離婚やリストラ後には要注意!ヘルニアにかかる可能性が高くなる?

   椎間板ヘルニアというと、重労働やスポーツによって腰を酷使する事によっ...


子どもの椎間板ヘルニア~原因と対処法

  大人の病気と思われがちな椎間板ヘルニアですが、子どもが発祥するケースも...

知っていますか?ヘルニアが治らない本当の原因

     一昔前にヘルニアについて知った人は、死ぬまで腰痛と付き合って静かに...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る