カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. ぎっくり腰(急性腰痛)の原因とは?

関節痛・腰痛

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因とは?

ぎっくり腰とは急性腰痛のことであり、その急性腰痛を引き起す原因には様々なものが考えられます。しかし原因を特定することは難しいのが現状です。

 

原因が多岐にわたるぎっくり腰

ぎっくり腰と聞くと、イメージとしては何かのきっかけで腰椎がずれることで、強烈な腰痛が発生する疾患というイメージがあります。

 

しかし実際にはぎっくり腰とは単に急性の腰痛の俗称であり、急性腰痛の原因は非常に多岐にわたり、原因を特定することは難しいのです。

 

主な原因

1.椎間板ヘルニア

椎間板がずれ、中の随核や線維輪がはみ出ることで神経根を圧迫し、絶え間ない腰痛を発生させる急性腰痛です。主に一般的なぎっくり腰のイメージは、この椎間板ヘルニアが主なものと考えられます。

 

2.脊椎圧迫骨折

老化などで骨がもろくなり、少しの圧迫でも骨折に至ることで発生する腰痛です。

 

3.腰部脊柱管狭窄症

加齢によって脊柱管が変形し、脊柱管が囲んでいる神経が圧迫されることで、しびれや腰痛を発生させます。

 

4.脊椎すべり症

脊椎が上部と下部で分離してしまう、脊椎分離症のことです。この状態となると脊椎がずれやすくなり、負担をかける度に脊椎が文字通り滑り、腰の激痛を発生させることになります。

 

5.悪性腫瘍

脊椎の異常だけでなく、付近の悪性腫瘍によっても急性腰痛の原因となる場合もあります。

 

6.化膿性脊椎炎

脊椎の骨の異常ではなく、細菌に感染することで周囲に炎症が起こることで発生する急性腰痛です。

 

ぎっくり腰と言われるほどの急性腰痛を発症した場合は、本人は行動不能となりえるので、速やかに周囲に助けを求め、病院に搬送してもらうことでしょう。

 

日頃からぎっくり腰のリスクを考慮し、常に連絡できるツールを用意しておくと良いでしょう。

 

「関節痛・腰痛」で人気の記事はこちら

●実は怖い?肩甲骨の痛みと病気との関係

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

突き指以外の指の関節痛の原因とは?

    指の関節痛と言えば、まず思い浮かぶのが突き指ですが、突き指以外に...

風邪のウィルスへの免疫で発生する関節痛

  風邪などのウィルスに感染することが、関節痛の症状を引き起す引き金となる...


飲酒によるビタミン不足でおこる関節痛

飲酒によってビタミン代謝に影響が及び、深刻なビタミン不足を招く場合があります。...

突き指予防と治療にはテーピングが有効

    スポーツに付きものの突き指、予防対策にも治療法にもテーピングが有...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る