カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 風邪のウィルスへの免疫で発生する関節痛

関節痛・腰痛

風邪のウィルスへの免疫で発生する関節痛

 

風邪などのウィルスに感染することが、関節痛の症状を引き起す引き金となる場合があります。これには、感染したウィルスを身体から排除するための免疫反応が大きく関わっており、その過程で血管拡張が起こることが、関節痛を引き起す直接の原因となります。

 

 

■免疫による発熱のプロセスが関節痛を発症

 

●風邪で発熱すると伴う関節痛
風邪で高熱の発熱が生じると、必ずといって良いほど身体の至る所の関節が痛み、動かすこともだるくなる状態となり、満足に日常的な行為もできなくなります。
それは風邪が原因の関節痛なのですが、どのようなプロセスで風邪が関節痛を招くかご存じでしょうか。それには風邪のウィルスと戦う免疫系が大きく関わってきます。

●ウィルスを退治するための発熱が原因
風邪のウィルスを退治するために免疫系が必ず行なうことが体温を高温にすることです。この発熱によって、ウィルスを駆逐する環境を体内は用意します。
体温を上げると言うことは、それだけ激しく血流を身体に巡らせるということでもあり、血管を大きく拡張することでもあるのです。

●拡張した血管による頭痛、関節痛
血管を無理に拡張すると言うことは、血液の流れが激しくなりすぎ、血管に負担を与え、更には血液が重点的に流れる頭部はもちろん、関節の各所にも大きな負担を与える事となります。その負担が頭痛、関節痛となり、風邪を患った人を苛むことになるのです。

風邪の発熱も頭痛も関節痛も、ウィルス自体が原因ではなく、ウィルスを退治する結果として発生する症状がほとんどなのです。もちろんウィルスを免疫が退治しないと、それ以上の深刻な症状が発生することは間違いありません。
より軽度の症状を発生させることで、ウィルスの被害を抑えているとも言えるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2647)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

成長痛は成長に伴う関節痛ではない

  成長痛に関しては大きな誤解が広まっています。 一般に成長痛とは成長期に...

何か疾患が原因かも?!成長痛の痛みが起きる原因について

    成長痛とは、一般に思われているように急激な骨の成長が原因で引き起...


肥満は腰痛にリスクを与える?!腰痛改善のために体重管理を!

    日頃の不摂生による肥満こそが、腰痛の最大のリスクかもしれません。...

二日酔いによる頭痛の原因は「アセトアルデヒド」?!

    二日酔いとは一度に大量のアルコールを摂取することで、人体のアルコ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る