カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 女性ホルモン >
  4. ホルモンバランスの乱れはカラダのSOS

女性のカラダの悩み

ホルモンバランスの乱れはカラダのSOS

woman3.jpg

■月経トラブルも女性ホルモンが関係


一定のリズムで変化している女性のカラダ。
ではなぜホルモンバランスが崩れてしまうことがあるのでしょうか?

それは、ホルモンバランスをつかさどっている視床下部にあるのです。
この視床下部は、ホルモン系と同時に自律神経系や免疫系の指令塔でもあるため、メンタルな影響を受けやすくストレスに敏感に反応してしまうのが特徴といえます。

現代社会はストレスに満ちています。
知らないうちにストレスを感じている人も多くいます。
そのようなストレスを視床下部が受け続けると、指令塔としての判断力が乱れ、卵巣からのホルモンの分泌量が減ったり、月経トラブルが現れたりします。

■栄養状態とホルモンバランスも関係する


栄養状態からもホルモンバランスは乱れるということも忘れてはいけません。
たとえば、無理なダイエットをして体重が激減すると、脳は生命の危機を感じます。
すると脳は生き残るため、生命に関わる機能以外は一時休業させることを選択します。
つまり、生命維持のためには、「妊娠・出産は今は必要なし」と判断し、卵巣への女性ホルモン分泌を抑え、排卵や月経をストップさせるのです。

このようなことから、月経トラブルがあるということは、女性ホルモンが乱れている証拠ともいえるわけです。

(Photo by //www.flickr.com/photos/thorinside/410874840/sizes/n/in/photostream/ )

著者: くまさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

女性ホルモンに関する記事

黄体期後期が長引いたら妊娠かも!?症状やおりもの、基礎体温の変化について

生理前の時期に当たる黄体期はどれくらいの長さか知っていますか? 黄体期の後...

肌や髪の調子が良くなる?!リラックスが大切!女性ホルモンの増やし方

女性ホルモンの分泌が増えると、肌や髪の調子が良くなり、生理周期が整うなど嬉しい...


黄体ホルモンを補う!ホルモン剤投与治療

PMSの治療として行われている一つが「ホルモン療法」です。 ホルモン剤を投...

生理じゃないのにお腹が痛い…腰痛や下腹部痛が起こる排卵痛ってなに??

生理開始日から約2週間後、排卵後の下腹部痛は「排卵痛」かも。まだ生理が来る時...

カラダノートひろば

女性ホルモンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る