カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 二日酔いによる頭痛の原因は「アセトアルデヒド」?!

関節痛・腰痛

二日酔いによる頭痛の原因は「アセトアルデヒド」?!

 

 

二日酔いとは一度に大量のアルコールを摂取することで、人体のアルコール分解能力以上のアルコールが体内に残存することによって発生します。
特に問題なのが、アルコールを分解する過程に発生するアセトアルデヒドであり、この毒性が頭痛を発生させる最大の原因となるのです。
また、アルコール分解・排出のために大量の水を消費し、それによる水不足なども頭痛の原因となります。

 

 

●アルコールがアセトアルデヒドとして残存


二日酔いによる頭痛の最大の原因は、アルコール分解の中間物質であるアセトアルデヒドの毒性によるものです。
人体のアルコール分解能力以上のアルコールを摂取することで、人体に毒性のあるアセトアルデヒドの量が体内で増加し、その毒性で発熱、更には頭痛を発生させます。

●脱水症状による低髄液圧による頭痛


アルコールを分解するためには大量の水分が必要とされ、二日酔いの状態は急激に脱水症状を起こした状態となっています。この脱水症状により、低髄液圧などの水分不足が頭痛を発生させる原因ともなります。

●アルコールによる血管拡張作用で頭痛増進


アルコール自体に血管拡張作用があることも、二日酔いによる頭痛を悪化させる要因ともなるのです。二日酔いの状態は摂取した大量のアルコールを分解中であることを示し、毒性のあるアセトアルデヒドだけで無く、まだ未分解のアルコールも残っており、その血管拡張作用は継続しています。そのため、上記の頭痛の症状をさらに悪化させる役割をアルコールが果たすことになるのです。



アルコール分解によるアセトアルデヒドの発生や、水不足による脱水症状、さらにはアルコールの血管拡張作用などアルコール摂取には頭痛の原因となる要因がいくつもあります
社会活動において飲み会も重要ですが、自身のアルコール分解能力を超えないよう飲む量を抑えることも重要です。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1443)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

ヘルニア予防に生活を改善しましょう

  関節痛・腰痛ヘルニアで悩んでいる方が、最近とても多く感じられます。食生活や...

突き指以外の指の関節痛の原因とは?

    指の関節痛と言えば、まず思い浮かぶのが突き指ですが、突き指以外に...


筋筋膜性疼痛症候群(MPS)はトリガーポイントが鍵!

      トリガーポイントと筋筋膜性疼痛症候群(MPS)、どちらも聞きなれない...

身体を鍛えるほどにます関節痛リスク

    若い世代の方は特に、身体を鍛えれば鍛えるほど頑丈となり、健康にな...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る