カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. 二日酔いの腹痛は荒れた胃によるもの

気になる病気・症状

二日酔いの腹痛は荒れた胃によるもの

二日酔いとなった翌朝は、胸焼けや吐き気だけでなく腹痛もともない、満足に食事をすることすらできない状態となっている場合が多くあります。

その腹痛の原因は胃の荒れ。アルコールは胃粘膜にとっての刺激物で、大量のアルコールが胃に残存し続けると、胃の粘膜が激しく荒れてしまうことになるのです。

 

アルコールの大量摂取によって荒れる胃

●胃粘膜を刺激するアルコール

アルコールは胃粘膜を刺激する物質です。

空腹状態でアルコールを摂取すると胃が熱くなるのは、胃の粘膜をアルコールが直接刺激するからです。直接刺激された胃の粘膜からは胃酸が過剰に分泌されます。

 

●胃酸と胃粘膜のバランスが崩壊

胃酸が大量に分泌されると、それまで保たれていた胃酸と胃粘膜のバランスが崩れ、胃粘膜の防御機能以上の胃酸が分泌して、胃の粘膜が激しく荒らされることとなるのです。

 

●二日酔いの胸焼けや腹痛の原因

このアルコールによる胃酸過剰分泌で胃が荒れることが、二日酔いによる胸焼け、そして腹痛の最大の原因となります。

アルコールが肌についたときの刺激からもわかるとおり、アルコールは刺激物であり、それが胃粘膜に与える影響は非常に大きいといえます。

 

●アセトアルデヒドの毒性

アルコール分解の中間物質である、アセトアルデヒドの毒性も腹痛の原因に含まれます。

その場合は、胃だけの問題ではなく、肝臓からその他の内臓に毒性が影響を与え、身体全体に悪影響が出た結果と言えるのです。

 

二日酔いによる腹痛も深刻ですが、それ以上に二日酔いで低下した体力を取り戻すための栄養補給である食事が制限されることも深刻です。

荒れた胃でも可能な栄養補給を行う為、お粥など胃に負担をかけない特別な食事を用意する必要があります。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●荒れた胃に優しい飲み物とは?

 

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

アルコールによって脳の働きが阻害され「めまい」に?!

    アルコールが脳の働きを阻害することは、成人した方ならほとんどが知...

アルコール分解を早める最新の方法・〇〇〇を食べよう!

アセトアルデヒドの体内への蓄積と翌日までの持越しは二日酔いの原因のひとつと言...


二日酔い予防に効果的なヘパリーゼを知ろう

二日酔い予防のためのドリンクとして、ヘパリーゼという成分が聞かれるようになって...

食べ合わせで二日酔い対策

  どうしても次の日にお酒を残したくない、でもお酒を飲まないわけにもいかないと...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る