カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔いの腹痛は荒れた胃によるもの? 二日酔いの原因はいろいろあります

気になる病気・症状

二日酔いの腹痛は荒れた胃によるもの? 二日酔いの原因はいろいろあります

二日酔いとなった翌朝は、胸焼けや吐き気だけでなく腹痛もともない、満足に食事をすることすらできない状態となっている場合が多くあります。

その腹痛の原因は胃の荒れ。アルコールは胃粘膜にとっての刺激物で、大量のアルコールが胃に残存し続けると、胃の粘膜が激しく荒れてしまうことになるのです。

 

アルコールの大量摂取によって荒れる胃

●胃粘膜を刺激するアルコール

アルコールは胃粘膜を刺激する物質です。

空腹状態でアルコールを摂取すると胃が熱くなるのは、胃の粘膜をアルコールが直接刺激するからです。直接刺激された胃の粘膜からは胃酸が過剰に分泌されます。

 

●胃酸と胃粘膜のバランスが崩壊

胃酸が大量に分泌されると、それまで保たれていた胃酸と胃粘膜のバランスが崩れ、胃粘膜の防御機能以上の胃酸が分泌して、胃の粘膜が激しく荒らされることとなるのです。

 

●二日酔いの胸焼けや腹痛の原因

このアルコールによる胃酸過剰分泌で胃が荒れることが、二日酔いによる胸焼け、そして腹痛の最大の原因となります。

アルコールが肌についたときの刺激からもわかるとおり、アルコールは刺激物であり、それが胃粘膜に与える影響は非常に大きいといえます。

 

●アセトアルデヒドの毒性

アルコール分解の中間物質である、アセトアルデヒドの毒性も腹痛の原因に含まれます。

その場合は、胃だけの問題ではなく、肝臓からその他の内臓に毒性が影響を与え、身体全体に悪影響が出た結果と言えるのです。

 

二日酔いによる腹痛も深刻ですが、それ以上に二日酔いで低下した体力を取り戻すための栄養補給である食事が制限されることも深刻です。

荒れた胃でも可能な栄養補給を行う為、お粥など胃に負担をかけない特別な食事を用意する必要があります。

 

二日酔いが続くのはアルコール分解が完了するまで?!

二日酔いが続くのは体内のアルコール分解が全て完了するまでです。

二日酔いの原因は、アルコール分解によって発生するアセトアルデヒドの毒性によるところが多く、そのアセトアルデヒドが完全になくなるにはアルコール分解が完全に完了し、アセトアルデヒドも無害な酢酸に分解された状態にならなければならないのです。

 

●二日酔いはアルコール分解途中の症状

二日酔いの症状は体内のアルコール分解の働きがまだ途中である証明のような症状です。

このアルコール分解途中で発生するアセトアルデヒドという中間物質が、人体機能に毒性を発揮して、二日酔いの諸症状を発生させます。

 

●アルコール分解が終了するまでのこる

このアセトアルデヒドという中間物質が残り続ける限り二日酔いの症状は継続すると言うことであり、それはアルコール分解が完全に終了するまで二日酔いが続くと言うことを意味します。

つまり二日酔いになると言うことは、酒を飲んだ日の次の日まで、時間をかけなければ分解しきれないほど大量のアルコールを摂取した結果なのです。

 

●アセトアルデヒドの分解が終了することで完了

体内に吸収されたアルコールを全て分解、さらに生成されたアセトアルデヒドの分解も完全に終了して、ようやく二日酔いの症状がなくなります。

それだけ二日酔いの症状が継続すると言うことは、大量のアルコールを飲んだと言うことでもありますが、その当人のアルコール分解能力が根本的に不足していることも考慮しなければなりません。

 

元々日本人は体質的にアルコール分解能力が低く、大量のアルコールを分解するには長い時間がかかり、その分分解過程でアセトアルデヒドの毒性にさらされやすい体質なのです。

その体質を自覚し、二日酔いにならない適度に酒量を抑えることが肝臓を初め健康を維持するためには重要です。

 

アルコールによる神経障害による痺れ

アルコールを大量に摂取することは、脳や神経に大きな影響が及ぶ可能性もあります。それは誰もが認識してると思いますが、それに伴う酩酊作用こそがアルコールを摂取する醍醐味と言えるのです。

だからこそ、アルコールによって起こる神経障害などを正しく把握し、その副作用やリスクを念頭に、アルコール摂取量を厳しくコントロールする必要があります。

特にアルコールによる神経障害は、アルコール分解によってビタミン欠乏症となっている可能性があり、健康への影響も甚大なものなるリスクがあるのです。

 

1.アルコール分解で不足するビタミンB1

アルコールを分解する過程で体内ではビタミンB1を初めビタミンB群が大量に消費されることとなります。

そのため、二日酔いになるほど大量にアルコールを摂取し、それを分解し続けるとなると、かなりのビタミン欠乏症が伴うこととなり、その影響がはっきりと現れることになります。

 

2.ビタミン欠乏症によって神経障害が発症

ビタミン欠乏症で影響が及ぶのが神経です。

末梢神経にしびれや痛みが発生し、力が入らなくなる状態は二日酔いによるしびれなどの症状といえるでしょう。

 

3.歩行や痙攣

神経障害が末梢神経だけでなく中枢神経にまで及ぶと、歩行障害や、全身の震え、さらに痙攣まで起こる危険性が発生します。

アルコールを摂取することでふらふらと歩いたり、身体を震えさせる酔っぱらいなどは、まさにこの状態になっている危険があるのです。

 

このように二日酔いとなるほど大量のアルコールを摂取することは、末梢神経だけでなく脳などの中枢神経にも深刻な影響を与える危険な行為であることを自覚し、二日酔いとならないよう、節度あるアルコール摂取を心掛けましょう。

 

二日酔いの吐き気の原因は食べ過ぎにもある?!

二日酔いの吐き気の原因はどうしても前の日のアルコール飲料の飲み過ぎと決めつけがちですが、それだけではなくおつまみとしての料理の食べ過ぎという要因もあることを忘れてはいけません。そもそも、吐き気によって嘔吐することは、胃に内容物が溜め込まれていると言うことも意味します。何度もはき出すには、胃に大量の内容物が詰め込まれていることでもあります。

 

●吐き気の原因

飲み会の後の吐き気は、つい二日酔いによるものだと考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。

最近の飲み会に使われる居酒屋は、飲み放題食べ放題のコース料金を提供しているところが多く、飲み会と言えば飲み放題か食べ放題が当たり前となっている人も多いのではないでしょうか。

 

●食べ過ぎ飲み過ぎによる吐き気

アルコールを飲むと同時に、大量のおつまみを食べることは当然の行為でもあり、飲み会の後はアルコールの過剰摂取だけではなく、食物の食べ過ぎ、さらには純粋に水分としての飲み過ぎの状態になっているということがあります。

 

●アルコール分解とは無関係の吐き気

食べ過ぎ飲み過ぎによる吐き気は、アルコール分解とは無関係に吐き気の原因となります。

食べ過ぎの場合、食べ物と同時に飲んだアルコールが混ざり合った状態で、胃腸の中で消化されるため、消化の進行に合わせるようにアルコール分解が長続きし、二日酔いがさらに長期に渡る可能性もでてくるのです。

 

アルコール飲料の飲み過ぎも大きな問題ですが、そのアルコールの酩酊作用によって満腹感が鈍り、満腹以上の食べ物を摂取してしまうことはとても危険性です。

食べ過ぎの度合いによっては二日酔いの症状も悪化し、胃腸だけでなく様々な弊害を発生させることリスクがあります。

 

二日酔いの原因の一部は睡眠不足

二日酔いの諸症状の原因は大部分が、アルコール分解の過程で発生するアセトアルデヒドの毒性ですが、それだけではなく一部の症状は睡眠不足が原因のものもあるのです。

大量の飲酒を行なった晩は、大抵の場合、遅くまで飲み会が続き明け方近くまで起き、極度の睡眠不足により二日酔いをさらに深刻な症状にしていることがあります。

 

●大量の飲酒をするケースは夜更かしを伴う

二日酔いになるほど大量に飲酒をする場合、ほとんどは仕事や学校などの後の飲み会でしょう。夜から始まり、深夜まで飲み会が続くということも珍しくないと思います。その結果、少ない睡眠時間による睡眠不足になりことも多いと思います。

 

●アルコールで神経が高ぶり眠りが浅くなりやすい

アルコールを大量に摂取すると、必ず眠くなると言うわけではありません。量にもよりますが、アルコールで神経が高ぶり、眠りにつきにくく、眠っても眠りが浅くなることがあります。それ故に、アルコール大量摂取後に充分な睡眠時間をとっても、睡眠不足となる場合が考えられます。

 

●睡眠不足の症状と純粋な二日酔いの症状が相乗効果

このように二日酔いとなる場合のほとんどが、同時に睡眠不足を伴っているケースが考えられます。

二日酔いの不快症状の何割かは、この睡眠不足による体調不良が含まれていることが多いでしょう。

 

二日酔いとなるのは、根本的にはアルコール分解のための時間が足りていないという意味でもあります。

睡眠不足となるほど遅くまで飲み歩き、アルコール分解のための時間も足りず、更には睡眠不足で体調も最悪な状態となる事で、二日酔いの症状はさらに深刻なものとなるのです。

(Photo by:http://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

酔いに関する記事

二日酔いには利尿剤と水分補給が効果的?

    もっとも効果のある二日酔い解消としてあげられるのが、利尿作用のあ...

飛行機で起きる乗り物酔いを解消~そのメカニズムと原因、酔い止め薬とは?

飛行機に乗ったとき、激しい揺れや振動に遭うと気分が悪くなり、気持ち悪くなるこ...


アルコールによる眠気は危険信号?! 二日酔いが原因の様々な症状とは?

  アルコール摂取には眠気が伴うことは当然と思われるかもしれませんが、その...

二日酔いによる吐き気は胃の荒れが原因?!

二日酔いとなった翌日、強い吐き気で満足に食事がとれなくなることが多いのは、大量...

カラダノートひろば

酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る