カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. アルコールによる神経障害による痺れ

気になる病気・症状

アルコールによる神経障害による痺れ

 

アルコールを大量に摂取することは、脳や神経に大きな影響が及ぶ可能性もあります。それは誰もが認識してると思いますが、それに伴う酩酊作用こそがアルコールを摂取する醍醐味と言えるのです。
だからこそ、アルコールによって起こる神経障害などを正しく把握し、その副作用やリスクを念頭に、アルコール摂取量を厳しくコントロールする必要があります。
特にアルコールによる神経障害は、アルコール分解によってビタミン欠乏症となっている可能性があり、健康への影響も甚大なものなるリスクがあるのです。

 

 

1.アルコール分解で不足するビタミンB1


アルコールを分解する過程で体内ではビタミンB1を初めビタミンB群が大量に消費されることとなります。
そのため、二日酔いになるほど大量にアルコールを摂取し、それを分解し続けるとなると、かなりのビタミン欠乏症が伴うこととなり、その影響がはっきりと現れることになります。

2.ビタミン欠乏症によって神経障害が発症


ビタミン欠乏症で影響が及ぶのが神経です。
末梢神経にしびれや痛みが発生し、力が入らなくなる状態は二日酔いによるしびれなどの症状といえるでしょう。

3.歩行や痙攣


神経障害が末梢神経だけでなく中枢神経にまで及ぶと、歩行障害や、全身の震え、さらに痙攣まで起こる危険性が発生します。
アルコールを摂取することでふらふらと歩いたり、身体を震えさせる酔っぱらいなどは、まさにこの状態になっている危険があるのです。

このように二日酔いとなるほど大量のアルコールを摂取することは、末梢神経だけでなく脳などの中枢神経にも深刻な影響を与える危険な行為であることを自覚し、二日酔いとならないよう、節度あるアルコール摂取を心掛けましょう。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1611)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

飲み始めてからでも間に合う!二日酔いを予防する方法とは

  お酒は楽しく飲んで、出来れば二日酔いにはなりたくないものですよね。二日...

飲み過ぎると次の日頭が痛い…二日酔いのメカニズムを知ろう!

昨日は飲みすぎたな、という時に二日酔いで頭がガンガンする、という表現を聞いたこ...


肝臓を温めて肝機能を助ける

  二日酔いの状態というのは、体内に摂取したアルコールの代謝が追いつかず、体に...

バイバイ二日酔い!二日酔いに効く食べ物はコレ!

  ついつい楽しくて飲みすぎてしまうのがお酒の席です。飲みすぎてしまったために...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る