カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. アルコールによる眠気は危険信号?!

気になる病気・症状

アルコールによる眠気は危険信号?!

 

 

アルコール摂取には眠気が伴うことは当然と思われるかもしれませんが、その眠気発生の原因にも様々な要因が考えられます。
その眠気が単なるアルコールによるリラックス作用ならば問題は無いのですが、体温低下や、更にはアルコールが脳の中枢神経に影響を及ぼし始めた兆候である場合は、その眠気は人体が発する危険信号ととらえなければならないのです。

 


●アルコールで神経がリラックス


アルコールは脳や神経の活動を抑制させる効果があり、それはリラックス状態に近いものがあります。
成人男性が仕事の疲れやストレスを解消するために飲酒を行なうのにはそうしたリラックス作用を求めてのことでもあるのです。

●体温を下げ眠気を誘発


アルコールを摂取すると、体温が低下し、体温の低下が脳に眠気を発生するシグナルとして作用します。
そのままアルコールを摂取し続ければ、さらに体温は下がり続け、眠気も増していくことになるのです。

●大量のアルコールは脳の活動を抑える


大量のアルコール摂取は脳の活動を抑える働きがあり、それが蓄積されると最後には意識を奪うようなことも有り得ます。
結果的にみればこの意識を奪う状態も、アルコールの睡眠作用とも言えますが、アルコールの過剰摂取による意識障害は寝付きとしては最悪の状態です。


アルコールの大量摂取により脱水症状など危険な状態のまま意識を失うので、眠ったまま深刻な症状に発展し、命を失う可能性すらあります。
たとえば冬の深夜などの飲み会の帰り道で、体温が低下した状態は非常に危険と言えます。
また、脳の活動は生命維持に不可欠であり、アルコールによってその活動が抑えられた状態は、あらゆる意味で危険を伴うものであるということを自覚しましょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7571)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

肝臓回復に期門のツボ!

肝臓に効果的なツボ 二日酔いのとき、体の中で肝臓が一生懸命にアルコールを分解し...

二日酔いが続くのはアルコール分解が完了するまで?!

    二日酔いが続くのは体内のアルコール分解が全て完了するまでです。 ...


二日酔いで最も危険な脱水症状

  様々な不快な症状を引き起す二日酔いですが、その二日酔いの中でも最も危険...

悪酔いや二日酔い防止の強い味方!お酒を飲む前にはトマトを!!

健康や美容効果満点のトマトに、悪酔いや二日酔い防止の効果もあることを知ってい...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る