カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. 二日酔いで最も危険な脱水症状

気になる病気・症状

二日酔いで最も危険な脱水症状

 

様々な不快な症状を引き起す二日酔いですが、その二日酔いの中でも最も危険な症状が脱水症状です。
アルコールには利尿作用があり、利尿作用によって大量の水分が急激に失われることになり、脱水症状に陥りやすくなります。

 

●アルコール分解には水分は必要ない


アルコール分解自体には水分はそれほど必要ではありません。アルコール分解を行なう酵素は二種類の脱水素酵素であり、その分解の過程ではむしろ水分が発生するようになっているのです。アルコール摂取で水分が大量に必要とされる要因は、分解の後の排出に大きく関わってきます。

●アルコールを体外に排出するための利尿作用


アルコールは分解する過程において、毒性のあるアセトアルデヒドが生成され、身体は毒性のある異物とみなし中毒作用や拒否反応を示すことになります。
その拒絶反応、中毒作用を緩和するために、人体は摂取したアルコールを速やかに排出するために利尿作用を発生させす。
この利尿作用によって摂取したアルコールが分解されたものが体外に排出されることになり、このとき大量の水分も同時に失われることになるのです。

●急性の脱水症状で痛風にも


アルコール排出のために水分が失われ脱水症状となれば、関節に耐えがたい痛みを与える痛風も一時的に発症する危険性があります。

二日酔いになるということは体内で未だにアルコール分解が進行中であるということで、そのアルコールを全て排出するために水分が失われ続け、脱水症状が進行していると言うことでもあります。
脱水症状の危険を下げるために、二日酔いで苦しくても水分補給は怠ってはいけません

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/698)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

アルコールによって脳の働きが阻害され「めまい」に?!

    アルコールが脳の働きを阻害することは、成人した方ならほとんどが知...

アルコール分解を早める最新の方法・〇〇〇を食べよう!

アセトアルデヒドの体内への蓄積と翌日までの持越しは二日酔いの原因のひとつと言...


二日酔い予防に効果的なヘパリーゼを知ろう

二日酔い予防のためのドリンクとして、ヘパリーゼという成分が聞かれるようになって...

食べ合わせで二日酔い対策

  どうしても次の日にお酒を残したくない、でもお酒を飲まないわけにもいかないと...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る