カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. 肝臓の働きを高める胃腸薬は二日酔いにも効く

気になる病気・症状

肝臓の働きを高める胃腸薬は二日酔いにも効く

 

 

胃腸薬と一口に言っても使用されている成分や効き目はそれぞれ異なってきます。
胃腸薬の中には肝臓の働きを強める成分や漢方が含まれているものもあり、そうした胃腸薬ならば肝臓のアルコール分解能力も高め二日酔いにも有効な効果が期待できます。

■二日酔い対策に効く胃腸薬

●アルコールを分解する肝臓の働きも促進
アルコールを分解するために重要となるのは肝臓の働きであり、この働きを促進する作用もある胃腸薬が二日酔い対策に有効となります。
胃腸薬という名称は便宜上のものであり、胃腸薬だからと胃腸にのみ効果があるというわけではありません。
消化吸収に関わる臓器に作用がある胃腸薬が多く存在し、それらは二日酔いに大な効果を期待できます。

●アルコールを吸収するのは胃腸
アルコールを吸収するのは主に胃腸の役割です。
大量に摂取したアルコール飲料をどれだけ効率よく吸収するかも、二日酔いのリスクを左右する重要な要素となります。
一度に大量のアルコールを吸収することも危険ではありますが、同様にアルコールの吸収が遅く、胃腸内にアルコールがいつまでも残存し、長期間吸収が続くこともアルコール分解速度を阻害し、二日酔いのリスクを高めてしまうことになるのです。

●アルコールの刺激によるダメージを緩和
また、胃腸薬として胃腸の機能を助ける働きは、大量のアルコールによって刺激を直接受ける胃腸を守り、ダメージを和らげるためにも有効であり、二日酔いによって生じる胸焼け、吐き気などを緩和してくれるでしょう。

なにより二日酔いの不快症状の大部分はアルコールにより荒れた胃腸の粘膜にあり、その粘膜を修復するために必要なのが胃腸薬なのです。
肝臓の働きを高める胃腸薬と、胃腸の粘膜を保護し修復する胃腸薬を使い分けて二日酔い対策とすると良いでしょう。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/6906)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

二日酔いには利尿剤と水分補給が効果的?

    もっとも効果のある二日酔い解消としてあげられるのが、利尿作用のあ...

アルコールを分解排出するために重要な水!二日酔いには充分な水分補給を!

アルコールを吸収し、それを分解・排出するには大量の水分が必要となります。アルコ...


二日酔いにはしじみ汁!その効果とは?

    二日酔いの朝に定番と言えるのがしじみを使った味噌汁、しじみ汁です...

肝臓を壊すアルコール大量摂取について

  アルコール分解能力を超えたアルコールを摂取することは、肝臓を壊しその機...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る