カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 関節の炎症による発熱は実は熱感かもしれません

関節痛・腰痛

関節の炎症による発熱は実は熱感かもしれません

 

 

関節痛の原因である関節の炎症に伴う患部の発熱ですが、実はそれは熱感といって、実際に体温が上昇しているのではなく、単に血液が大量に患部に集中することで感覚的に熱さを感じているだけの症状かもしれません。
この熱感を引き起すのが患部の血管の拡張であり、患部を冷やすアイシング拡張した血管を収縮させ、熱感を抑制することに繋がります。

 

■関節の炎症による発熱

●炎症による発赤、熱感


関節痛と同時に発生する発熱のほとんどは、関節の炎症に伴う発赤と熱感という症状です。
これらの症状は炎症を起こした関節部位の血管を拡張し、血流が一時的に増加することによって発生するものであり、発熱症状とは別のメカニズムによって発生します。

●実際に発熱していない熱感


熱感とは発熱とは違い、血流が増加したことで感覚的に熱く感じるだけで、実際に体温自体はほとんど変化しません
同様に関節痛の応急処置として使用する冷湿布も実際に体温を下げているのではなく、単に皮膚の冷感点を刺激するだけで体温の変化は全くないのです。
関節痛が緩和するのも、患部が冷やされたからではなく、消炎作用により炎症が緩和した結果となります。

●患部を冷やすことで血管を収縮


重度の熱感が伴う関節痛の場合、患部を冷やすことで症状が緩和します。
この冷却の目的は熱感によって感じられる熱を冷やすことではなく、患部を冷やし血管を収縮させることで増加した血流を減少させ、発赤と熱感の原因を解消することにあるのです。

関節が炎症となれば関節痛とともに熱を感じることとなり、本人は発熱していると感じるものですが、実際には熱感という感覚的に熱を感じているだけなのです。
実際に発熱していないとはいえ、患部を冷やすアイシングが症状を和らげる効果があることも事実であり、応急処置などを変更する必要はありません。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1700)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

腰痛教えて!Q&A

■今まさに“腰痛”という人のための対処法Q 温めた方がいい?冷やした方がいい?A...

背骨がまっすぐな人は腰痛になりやすい?

■背骨のS字カーブは重要 腰痛の方に時々見られるのは「ストレートバ...


スポーツによって特定の部位に関節痛が集中!関節痛の原因

  スポーツに関節痛は付きものですが、その関節痛となる関節もスポーツの種類...

飲酒によるビタミン不足でおこる関節痛

飲酒によってビタミン代謝に影響が及び、深刻なビタミン不足を招く場合があります。...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る