カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. あなたも勘違いしてない?間違った二日酔い対策 お酒の前に牛乳を飲んでも効果はない?

気になる病気・症状

あなたも勘違いしてない?間違った二日酔い対策 お酒の前に牛乳を飲んでも効果はない?

二日酔い対策として、チーズや牛乳などの乳製品を酒を飲む前に摂取するという方法が有名です。事前に乳製品を胃に取り込むことで、胃に乳脂肪の膜が形成され、その膜がアルコールの吸収を抑え二日酔いのを予防してくれるという論理なのです。


その方法が実際に効果があるのなら良いのですが、もし効果が期待できない間違った対策であるなら、対策をしている安心感で過剰に飲み過ぎる要因となり、逆に二日酔いを深刻にしてしまう可能性があります。

 

対策とされている理由

アルコール摂取の前にチーズなどの乳製品を食べる

飲み会などの前に牛乳を飲んだり、チーズなど食べる事で、乳製品に含まれる乳脂肪分が胃の内側に膜を張ります。

 

乳脂肪の膜がアルコール吸収を妨げる

胃にできた乳脂肪の膜がアルコール吸収を妨げ、二日酔い対策になるといわれています。

 

実際の効果

胃にできる乳脂肪の膜は持続しない

胃は消化器官です。胃に乳脂肪の膜ができたとしても胃が正常に消化機能を働かせている限り、乳脂肪の膜は直ぐに消化され、アルコール吸収抑制効果は一時的にしか期待できないでしょう。


アルコールは小腸でも吸収

たとえ、胃のアルコール吸収を抑えたとしても、吸収されなかったアルコールはその次の小腸で吸収されることになるのです。

 

間違った二日酔い対策

以上のように、乳製品が胃にアルコール吸収を妨げる乳脂肪の膜を作るとしても、実際に二日酔い対策としての効果はさほど期待できません。


一度口から体内に入ったアルコールは、決してそのまま素通りすることなく、小腸などから必ず体内に吸収され、アルコールが完全に分解されるまで二日酔いの症状は継続することになります。
幾ら酒を飲んでも二日酔いにならない対策を探すよりも、一度に飲む酒の量を適度に制限する努力をする方が、二日酔い対策として理にかなっています。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●荒れた胃に優しい飲み物とは?

 

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

日本人はアルコール分解能力が低い?!二日酔いの原因について

二日酔いがその名の通り、飲み会の次の日の朝から始まると思っているならばそれは大...

二日酔いの様々な症状とその原因

  二日酔いと一口に言っても、気持ち悪くなり嘔吐する、下痢になる、ダルくなる、...


二日酔いの吐き気の原因は食べ過ぎにもある?!

    二日酔いの吐き気の原因はどうしても前の日のアルコール飲料の飲み過...

寝酒としてのアルコール摂取は少量に!

  眠れない夜に睡眠を誘発させるために寝酒をたしなむ人は多いのではないでし...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る