カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 子どもの擦り傷…なかなか治らないのには理由があった!?

育児・子供の病気

子どもの擦り傷…なかなか治らないのには理由があった!?

ちょっとした擦り傷…元気な子どもなら日常茶飯事であるかのように体中につくってきますよね。
子どもは細胞の成長も早いので、小さな擦り傷程度であれば特別に治療をしなくても、すぐにきれいに消えてしまいます。
しかし中には、なかなか治らない傷が生じることもあります。

子どもがかさぶたをとってしまってなかなか治らない…

近年擦り傷などの傷の治療にはかさぶたを形成させない湿潤方法が選択されるようになってきましたが、小さな傷を家で処置した場合には、まだまだかさぶたの形成がみられます。
そして子どもにありがちな傷の回復の妨げとして、子ども自身が治りかけの状態の傷のかさぶたをとってしまうと言うものがあります。

擦り傷などで出血すると、その回復過程でかさぶたが形成されます。
かさぶたは、その下の治りかけの傷を保護するものですから、無理やりとってしまうと、治りかけの細胞ごと傷つけてしまうことになりますので、自然にとれてしまうのを待つ必要があります。

しかし、子どもはかさぶたをとってしまいますよね。

子どもがかさぶたをとってしまう理由

このかさぶたを子どもがとってしまう最大の原因はかさぶたにかゆみが伴うからでしょう。
それと共に子どもにとって、親から言われた「とってはいけません」という禁止命令は、逆にそのことへの興味を増大させるものです。

そのため親御さんは、子どもがかさぶたをとらないように、単純な禁止命令ではなく「かさぶたをとったら傷が治る魔法がとけちゃう」などと言って工夫してあげることが必要です。
 

治りかけの傷に消毒液はNG

消毒液は傷を治すためのものだと思っている人もいるのではないでしょうか。
消毒液はあくまでも消毒のためのもので、近年湿潤法が台頭してきたことと共にあまり必要性を強調されなくなってきましたが、中には家の擦り傷への対処方法として使用している人もいると思います。

消毒液は傷を治すためのものではなく、傷に付着したばい菌などを殺すためのものです。
ですから傷を作ったときに使用しますよね。
しかし消毒液はしばしばばい菌だけでなく、体の細胞にまでダメージを与えることがあります。

そのため、治りかけた傷に消毒液をかけてしまうと、せっかく回復してきたまだ弱い細胞を傷つけてしまうことになり、結果、治りが遅くなることがあります。

なかなか擦り傷が治らない場合、病気の可能性も…

こうした人為的な要因以外で擦り傷の治りが遅いと感じるときは、何か全身性の疾患が隠れている可能性もあります。
擦り傷は見た目には大したことのない傷であることが多いので、それで病院に行くのはためらわれるかもしれませんが、あまりにも傷の回復が遅ければ、一度病院で診てもらうのがよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.photo-ac.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

瞼を蚊に刺されたら…?蚊に刺された時の対処法

朝、目を覚ますと、なんだか目が腫れぼったい…鏡を見ると、驚くほどに瞼がパンパ...

血が止まらない!!出血自体が危険な子どもの病気

  出血凝固の異常疾患を生じていると、出血をしやすくなったり出血したときに止ま...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る