カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 職業性肺疾患 >
  5. 治療法がない?!じん肺の一つ「石綿肺」の予防と治療について

気になる病気・症状

治療法がない?!じん肺の一つ「石綿肺」の予防と治療について

    

石綿肺は石綿に高濃度暴露することで発症するじん肺です。石綿製品製造や石綿吹き付け、造船業、保温断熱工などの職業に多く罹患者が見られ、じん肺として届け出のある疾患の中では一番多い疾患だと言われています。

 

じん肺法などに基づき、粉じん作業に従事する労働者・離職者にはじん肺検診や検査結果の労働基準局への報告義務など、様々な注意事項が設けられています。


じん肺を発症してしまうと根治する治療法がないため、あくまでも予防が大切となります。


予防法として
1. 粉塵の発生する場所を覆い、周囲への飛散を防ぐ。
2. 採掘現場などに水をまく、粉状の原材料をあらかじめ水で濡らしておくなどする。
3. 排気装置を設置する。
4. 徐新装置を設置する。
5. 施設内で行う場合は外気で粉塵を薄める。
6. 粉塵の吸入を防ぐための防塵マスクを着用する。
7. 早期マスクなどの保護具を着用する。
8. 粉塵が付着しにくい作業着を選ぶ。

 

石綿肺に対する根本的な治療はなく、主な治療は症状の緩和と合併症の予防に重点を置き、進行防止のために生活改善を行います


治療法
1. 呼吸不全に対する酸素療法
2. 去痰薬の投与
3. 副腎皮質ホルモンの投与
4. 肺感染症に対する抗生物質の投与
5. 肺がん予防のための禁煙
6. 肺がん合併の際、外科的治療が重要
7. 進行肺がん・胸膜中皮腫に対する抗がん剤化学療法

 

石綿肺の患者の場合、肺感染症に罹患しやすくなるため、インフルエンザの予防接種や肺結核の検査や治療も行います。インフルエンザに罹患すると急速に肺炎となり死に至るケースもあるので注意が必要です。


また肺がん合併率も非常に高ため、定期的な血液検査や画像診断でのフォローも必要となります。血痰や胸痛、発熱や呼吸困難などの症状が出た場合は速やかに受診し治療をしましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/10/14-371846.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

職業性肺疾患に関する記事

ナイロン製品加工工場で働く人は「間質性肺炎」になりやすい!?

        化繊肺は、合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患です。合...

妊娠の可能性がある方は注意!慢性ベリリウム症の原因と症状とは

        ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用されており、その代表の...


じん肺の中でも発生頻度が高い「石綿肺」の原因とは?

     じん肺とは粉塵(ふんじん)を吸入することにより肺に生じた繊維増殖性変...

シリカ粉塵吸入による「珪肺」の治療法と進行防止について

      珪肺は鉱山採掘やトンネル工事、レンガ工や石工などの作業に多く認め...

カラダノートひろば

職業性肺疾患の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る