カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 職業性肺疾患 >
  5. ベリリウム肺とはどのようなもの?急性ベリリウム疾患の症状!

気になる病気・症状

ベリリウム肺とはどのようなもの?急性ベリリウム疾患の症状!

      

ベリリウムは緑柱石などから産出される鉱物で、俗にアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石にも用いられるものです。その他に、ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用されており、その代表的なものにベリリウム銅合金があります。


このベリリウム合金は、湾曲させても非常に強い硬度を保つために、軍事産業や航空宇宙産業において、その構造部材として用いられています。また、ベリリウムの低密度で原子量が小さいという特性を利用して、X線装置や粒子物理学の試験にも用いられています。


その特殊性からも想像できる通り、ベリリウムを含有する粉塵は人体へと吸入されることによって強い毒性を示すことで有名です。ベリリウムを含む粉塵を体内に吸入することで、慢性ベリリウム症と呼ばれる致死性の慢性疾患を引き起こします。

 

急性ベリリウム疾患の症状
1. 鼻腔粘膜と咽頭の炎症
2. 気管支炎
3. 激症の化学物質誘発性の肺炎
4. 重症の急性肺炎(死に至るもの)
 
ほとんどの場合は、ベリリウムを吸入する環境から離れ、治療を開始し1~4週間で回復します。ですが、症例によっては、急性症状から回復して数年後に慢性ベリリウム症を発現していますので定期的な経過観察が必要だとされています。

 

また、溶解性ベリリウム化合物類に直接触れると、接触性皮膚炎や結膜炎などの炎症を起こします。他のじん肺を引き起こすほとんどの鉱物は、化合物そのものに触れても無害なものが多いのですが、ベリリウムの場合は有害な場合が多く、特に注意が必要です。
 
特にベリリウム粉塵の吸入に至っては、重篤な急性症状を起こし、死に至る場合も多いため、ベリリウムを使用する際は細心の注意が必要だということを覚えておきましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/06-376907.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

職業性肺疾患に関する記事

妊娠の可能性がある方は注意!慢性ベリリウム症の原因と症状とは

        ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用されており、その代表の...

治療法がない?!じん肺の一つ「石綿肺」の予防と治療について

     石綿肺は石綿に高濃度暴露することで発症するじん肺です。石綿製品製造や...


綿肺症は喘息に使用される薬で治療?~気管支拡張剤の効果~

                    綿肺症は、綿、亜麻(あま)、麻などの...

綿や麻の原料を扱う仕事で多く起こる疾患!綿肺症の原因と予防

        綿肺症は、綿、亜麻(あま)、麻などの布製品の粒子を長期間吸入...

カラダノートひろば

職業性肺疾患の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る