カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 職業性肺疾患 >
  5. 合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患‘化繊肺’の症状

気になる病気・症状

合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患‘化繊肺’の症状

      

化繊肺は、合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患です。

 

合成繊維は、石油を原料としてつくられているものが多く、線維の種類も実に様々です。線維の種類には以下のようなものがありますが、これらの化繊繊維を加工する段階で発生した粉塵を長期に渡って吸入することで、化繊肺になると言われています。

 

1.ナイロン(ポリアミド)
2.ポリエステル
3.アクリル(ポリアクリロニトリルなど)
4.ビニロン(ビナロンとも)(ポリビニルアルコール系繊維)
5.ポリオレフィン (ポリエチレン、ポリプロピレンなど)
6.ポリウレタン
7.含ハロゲン系
 
この中でも、ナイロン製品の加工段階では、化繊繊維の粉塵を吸い込むことにより、化繊肺を起こしやすいと言われています。最近流行しているフリース生地を加工する工程(フロッキング)が、特に注意が必要です。


ナイロン製品加工工場で働く労働者の方は、細い気道の壁や気道と肺胞間質に、慢性的な炎症や瘢痕化を起こす可能性がありますので、微粒子マスクの着用や、定期的な健康診断(特に胸部レントゲン撮影)で、化繊肺の予予防や早期発見に努めることが必要となってきます。

 

化繊肺は、細かい線維の粒子が吸入されて肺に入り込むことで、安静時の息苦しさや労作時の呼吸困難が起こります。初期は自覚症状がほとんどありませんが、徐々に症状が進行して、アレルギー症状に似た気管支の狭窄症状が出現したり、咳や痰が増加したりします。


症状として
1. 鼻汁
2. 咳嗽
3. 喀痰
4. 労作時の息苦しさ
5. 目のかゆみや充血

 

化繊を吸引する環境から離れることで、症状が軽減することもありますが、慢性気管支炎へ移行する場合もありますので、継続的な経過観察が必要です。

 

自覚症状がある場合は早めに呼吸器専門医を受診し、化繊粉塵を吸引する環境で仕事をしていたことを説明し、検査を受け、副腎皮質ホルモンによる治療などを早めに受けることをお勧めします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/11/20-030544.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

職業性肺疾患に関する記事

人体への悪影響って?スズの粒子を吸いこむことで起きるスズ症

特定の物質の粉じんなどを吸入することで、肺のX線画像に異常所見を認める場合があ...

綿や麻の原料を扱う仕事で多く起こる疾患!綿肺症の原因と予防

        綿肺症は、綿、亜麻(あま)、麻などの布製品の粒子を長期間吸入...


黒色肺は早期発見、早期治療が大切!COPDにならないために

     黒色肺とは、炭鉱労働者などに多いじん肺の一種です。粉砕された細かい石...

ベリリウム肺とはどのようなもの?急性ベリリウム疾患の症状!

       ベリリウムは緑柱石などから産出される鉱物で、俗にアクアマリンや...

カラダノートひろば

職業性肺疾患の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る