カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 職業性肺疾患 >
  5. 状態によっては救急へ!職業性喘息の治療法と発作の強さについて

気になる病気・症状

状態によっては救急へ!職業性喘息の治療法と発作の強さについて

                      

職業性喘息とは、職業に関連した粒子や気体などを吸い込んだために、それらが刺激となってアレルギー反応を引き起こしたり、気道が狭くなることを言います。


喘息を引き起こす可能性がある物質を扱っている工場もしくは職場では、防塵対策や蒸気抑制措置、換気設備の充実を行う必要があります


しかし、状況によっては粉塵や蒸気の除去が不可能な場合もあり、喘息の症状を自覚し、それが職業性喘息と判明した場合、可能であれば職種を変えるべきでしょう。そのまま原因物質に暴露され続けると、喘息がさらに重症化し持続型喘息になる可能性があります
 
治療は、通常の喘息治療と同じです。
喘息の治療では気道閉塞と気道炎症の両方を指標として意識して行うことが大切で、適切な長期管理を行うことで急性増悪を減らし、喘息氏の回避を図ることが可能となります。


治療
1. 吸入ステロイド薬(低容量)
2. テオフィリン徐放製剤の使用
3. ロイコトリエン受容拮抗薬の使用
4. DSCG(クロモグリク酸ナトリウム:インタール)の使用
5. 抗アレルギー薬の使用
6. 長時間作用性β2刺激薬(吸入/貼付/経口)の使用
7. Th2サイトカイン阻害薬の併用
8. 経口ステロイド薬の追加


上記1~8を喘息の症状や発作の発生頻度に合わせて使用していきます。
現行の治療でコントロールできない場合は、ステップをあげて使用薬を変更または追加などを考慮していきます。


喘息の発作とそれに応じた段階的な治療を原則としますが、いずれの場合も患者の状況に応じて手早く問診・診察を行い、症状が出現してからの治療内容を確認しつつ対応を考えていかなければなりません。


喘息の発作の強度
1. 軽度:安静時に横になることができる状態
2. 中等度:安静時の呼吸困難で横になれない(座位呼吸)状態
3. 高度:呼吸困難のために動けず、会話も困難な状態


中等度以上の場合は早期の治療が必要とされるため、救急の受診をお勧めします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/05/14-347559.php)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

職業性肺疾患に関する記事

妊娠の可能性がある方は注意!慢性ベリリウム症の原因と症状とは

        ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用されており、その代表の...

石炭の粉塵を吸い続けると黒色肺になる!?

       黒色肺とは、炭鉱労働者などに起こるじん肺の一種で、肺の内部に石...


炭鉱労働者などに起こるじん肺の一種‘黒色肺’の予防と治療

                黒色肺とは、炭鉱労働者などに起こるじん肺の一...

合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患‘化繊肺’の症状

       化繊肺は、合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患です。 ...

カラダノートひろば

職業性肺疾患の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る