カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 症状 >
  5. 膠原病の一つ「関節リウマチ」とは?

関節痛・腰痛

膠原病の一つ「関節リウマチ」とは?

リウマチと聞くと女性やお年寄りがなる病気というイメージがないでしょうか。リウマチ患者の約2割は男性で、日本には70万人以上のリウマチ患者がいるといわれています。そもそもリウマチとはどのような病気なのでしょうか。

<リウマチとは>

リウマチは関節リウマチと呼ばれ、自分自身の免疫が手足の関節に悪さをして、結果として関節痛や症状がひどくなると関節の変形が生じてしまうという膠原病の一つです。医学上は炎症性自己免疫疾患とも呼ばれています。

<症状>

症状は一部繰り返しになりますが下記のような症状が現れます。

関節を動かさなくても強い痛みがある

発熱や疲労感、食欲不振になる

手がこわばって動かしずらくなる

もともとからだの中の免疫は体内に侵入してきた細菌やウィルスを攻撃して破壊し、これらを排除するという体の中の警察官のような役割をしてくれます。しかし、この免疫機能に異常が生ずると誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまうのです。これが関節部分に現れるのが関節リウマチです。結果として関節部分に炎症が発生したり、骨や軟骨が破壊されたりするなどが起こります。

最近の研究では、関節リウマチは発症後早期の時点から関節の破壊が進行することがわかっています。そのため、早期に発見し早期予防をすることで関節が破壊されることを防ぐことができますので、関節リウマチの疑いがある場合は、できるだけ早く専門医の診察を受けることが重要です。

関節リウマチの治療に用いられる薬には、消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤など様々な種類があり、症状などに応じて、お医者さんが処方してくれますので、自分の症状をしっかりとお医者さんに伝えましょう。

<まとめ>

関節リウマチは早い段階で発見し適切な処置を施すことで症状を大幅に軽減できますので、早期発見早期対応が大変重要です。

(Photo by: //www.ashinari.com/2006/09/29-000165.php?category=19)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

関節リウマチの初期症状を見逃さないで!

  関節リウマチは関節に炎症が持続することで腫れや痛みが生じ、最終的には関...

発見が難しい小児リウマチ!小児リウマチと大人のリウマチの違いとは?症状と治療

リウマチは中年から老年がかかるものと思われがちですが、実際には子どもでもリウ...


肩が上がらない?関節リウマチと五十肩の違い

関節リウマチは、関節に腫れや痛みを引き起こす病気です。   症状が進行すると骨...

見極めよう!肩の痛み…それは四十肩じゃなくて関節リウマチかも?

  ◆四十肩って何? まずはじめに四十肩とは何かご存知でしょうか?四十肩...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る