カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 経血がうまく通らない…腹痛・吐き気、もしかして“月経困難症”

女性のカラダの悩み

経血がうまく通らない…腹痛・吐き気、もしかして“月経困難症”

woman5.jpg

■症状と原因

 
月経中は多くの人がお腹や腰などに重いような、にぶい痛みを感じます。
また、ホルモンの変化や、子宮から出る経血の不快感もあって、なんとなく憂うつな気分や、全身のだるさを感じる人もいます。
痛みや不快感の程度は人それぞれですが、あまりに強い痛みに外出ができない、寝込んでしまうという生活に支障をきたすケースを月経困難症といいます。
 
月経困難症の辛い痛みの原因のひとつは子宮の収縮にあります。
月経中は、子宮の中を覆っている子宮内膜や血液が経血として排出されます。
その経血を外に押し出すために子宮の収縮を促す物質、プロスタグランディンが分泌されます。
プロスタグランディンは、痛みの原因になるので、これが多くなると子宮の収縮が激しくなり、月経痛が重くなることもあります。
 
また、子宮が発達段階にある10~20代の女性は、経血が通る子宮頸管が細いことが痛みの原因になる場合も
通り道が細いのに、子宮の収縮で経血が無理に押し出されるため痛むのです。
出産を経験すると月経痛が軽くなる人がいるのは、妊娠で子宮の筋肉が発達し、子宮頸管も開いて経血が通りやすくなるためです。
 

■月経困難症の症状

 
・痛みが強く、家事ができない、外出できない
・痛みで寝込んでしまう
・痛みが月経中ずっと続く
・吐き気がする
・立ちくらみ、めまいが激しい
・鎮痛剤が効かない
・からだが重くて動く気がしない
・顔やからだのむくみがひどい
 
(Photo by //www.flickr.com/photos/oddsock/127495954/sizes/s/in/photostream/ )

著者: くまさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経困難症に関する記事

問診、内診、超音波・・・器質性月経困難症の診断はどのように行われる?

  月経困難症とは通常の生理痛とは区別して、日常生活に支障が出るほどの重い症状...

月経困難症の「吐き気」をどうにかしたい!漢方、ツボ、冷え対策…有効な対処法

出産をするときに必要は、プロスタグランジンというホルモンがあります。 このホル...


死亡例が報告された低用量ピル『ヤーズ』の危険性について

  『ヤーズ配合錠』は血栓発症率を3~5倍引き上げる   2010年1...

年齢を重ねて生理がつらくなった!?後天性の月経困難症は病気の可能性が…

ある程度年齢が高くなってから、「月経時の症状がつらくなった」ということはないで...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る