カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おねしょ対策 >
  4. おねしょと夜尿症、同じことだけど何が違うの?年齢によって違うのは何故?

育児・子供の病気

おねしょと夜尿症、同じことだけど何が違うの?年齢によって違うのは何故?

子どもの睡眠時にみられる症状としては夜尿症があります。
「夜尿症っておねしょのことでしょ?」と思う人もいると思いますが、一概にそうとも言い切れません。
 

おねしょとは?

おねしょとは寝ているときに知らずのうちに尿を漏らしてしまうことを指します。
これは夜眠っているときにつくられる尿の量と、その尿をためる膀胱の大きさとのバランスがとれていないことによって起こります。
そのため年齢と共に膀胱の機能が発達していけば尿をたくさん貯めることができるようになっていき、おねしょをしなくなっていきます。

一般的な数字としては2~3歳でおねしょをする割合は2人に1人くらいになり、4~5歳で7~8割の子はおねしょをしなくなります。
そして小学校入学の頃で約9割の子がおねしょをしなくなるようです。
 

おねしょと夜尿症

おねしょも夜尿症も、夜間寝ている間に無意識のうちに排尿してしまうと言う点では同じです。
では異なる点はどこなのかというと、ポイントとなるのが年齢です。

幼少期の夜尿は自然なことですのでおねしょという言い方をするのに対して、小学校入学以降の夜尿を夜尿症というのが一般的です。

これは小学校入学以降の年齢になっても夜尿が続くということは、幼少期にみられる発達の問題だけではなく、その他の問題によって夜尿が起こっていると考えられるからであり、積極的な生活指導や薬などによる適切な治療が必要になることが多いということで、病気を意味する「症」の字をつけているのです。
 
そのため、周りの子どもがおねしょがなくなったからといって、安易に病気なのではないかと考える必要はありません。それよりも、子どもの年齢と体の発達具合を照らし合わせて考える方が賢明なようです。

(Photo by:足成 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おねしょ対策に関する記事

おねしょの原因は病気!?病気を原因とするおねしょの種類とは?

 夜尿症(おねしょ)は睡眠中に本人の意識がないまま排尿してしまうことをいいま...

気になるお子さんの夜尿症…夜尿症にはどういった種類があるの?

3歳以降になり、オムツ外しにも成功したのに、いまだに夜間などの睡眠時の『おね...

おねしょ対策の体験談

トイレデビューは早かったのに、紙パンツ卒業はいつ?

自慢じゃありませんが、うちの娘は2歳1か月で紙パンツを卒業し、トイレで用を足せるようになりました。特...

お姉ちゃんはお疲れなんですー。

とうとう10月に突入!もうすぐ運動会! いまお姉ちゃんは年中さん。二学期に入ってから毎日8時に...

カラダノートひろば

おねしょ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る