カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 辛い大量経血と腹痛 月経困難症~痛みの原因と病気~

女性のカラダの悩み

辛い大量経血と腹痛 月経困難症~痛みの原因と病気~

woman6.jpg
 

■冷えやストレスから痛みが強まることも

 
つらい痛みは、からだが冷えて、血液の循環が滞ることからも起こります。
血行が悪いと、骨盤内に血液が滞るだけでなく、痛みのもとになっているプロスタグランディンの分泌が盛んになり、痛みが増すことに。
 
疲労やストレス、無理なダイエットのために、自律神経がバランスを崩すために、血流が悪くなり、痛みの原因となるうっ血が起こることも。
さらに月経をうっとうしいと思う重苦しい精神状態もあいまって必要以上につらいと感じてしまう人もいます。
 

■痛みは病気のサインの可能性も

 
月経困難症は、子宮の収縮を促すプロスタグランディンの分泌過剰や発達状態が未熟なことなどから起こります。
しかし、ときには月経困難症だと思っていたその痛みが、子宮や卵巣の病気からきている場合があります
 
間違いやすい病気には、激しい月経痛を伴う子宮内膜症子宮腺筋症などがあります。
 
「最近急に痛み始めた」
「月経以外のときも痛むことがある」
ほか、
「月経が始まると便通が良くなる」
「性交渉のときに激しい痛みを感じる」
といった症状がみられることもあるので、そのようなときは早急に受診をしてください。
 

■こんなときは病気が原因の痛みかも!

 
・月経痛がだんだん激しくなってきた
・経血の量が増えてきた
・経血にレバーのようなかたまりが混じる
・鎮痛剤を飲んでも効かない
・3日目以降も痛みが続く
・月経以外のときも痛む
・性交渉のときにとても痛む
・月経が始まると便通が良くなる
 

■痛みは無理に我慢せず、早めに鎮痛剤を

 
痛みの原因が病気でないことがわかって、妊娠している可能性もないなら痛みを抑える鎮痛剤を服用します。
医師に処方してもらっても、市販の痛みどめでもかまいません。
鎮痛剤は痛みのもとになるプロスタグランディンの生成を抑える作用があるので、痛みが軽いうちに飲む方が効き目もあります。
痛みを我慢しているとその間にプロスタグランディンが増産され、薬も効きづらくなるのです。
 
また、プロスタグランディンの生成を抑えると、子宮の収縮を抑えるため子宮がゆるんで月経量が増えることもあります
増えた経血を排出するために、若干痛みを感じる人もいることを覚えておいてください。
 
(Photo by //pixabay.com/ja/ )
 

著者: くまさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経困難症に関する記事

特に病気でもないのに生理痛が重いのはなぜ?

寝込むほどの強い下腹部の痛みや、腰痛、頭痛、吐き気など、仕事や学校に支障をきた...

プロスタグランジン、ストレス、冷え…月経困難症で考えられる原因とは?

生理が来るのが毎月憂鬱に感じてしまうくらい、生理が重い人がいると思います。 生...


辛すぎる生理痛…なにかの病気のサインなの?

鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず、仕事や学校に行くこともままならない…。そんな、...

つらい月経困難症でも薬に頼りたくない人への有効な対処法まとめ

生理症状が重く、つらい月経困難症は、多くの女性に見られる症状です。 特に若い女...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る