カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす

育児

自家中毒を予防軽減するには

さっきまで元気だった子どもが突然激しい嘔吐を繰り返し、病院に行って「自家中毒です」と言われると、「何の食中毒だろう」と考えると思います。

 

自家中毒とは食中毒の類とは異なる、自律神経系の障害のことを言います。

  

症状が出るのを予防するには

自家中毒はストレスや疲れが原因となる為、それらを生活の中からなるべく排除していくことが予防をする上では重要になりますが、それ以外にも予防の方法があります。

 

自家中毒の嘔吐症状が発生したときに、対処法としてブドウ糖などの栄養注射を行って症状を軽減することがあります。これを普段の食事の中で行うことが予防になるのです。

 

というのは普段の食事の中で脂肪の多い食事を減らし、糖分の多いおやつを間食として適度にとることによって、予防に役立つのです。特に甘いおやつや間食は、糖分の摂取によって精神的ストレスを緩和させられるだけではなく、脂肪の分解を抑制することによって自家中毒の原因となるケトン体の生産量を減らすことができるのです。

 

症状が出てしまったら

いくら予防策を講じていても、症状が出てしまうときは出てしまいます。このときに症状を強くさせないためには、親御さんがあわてないことが重要です。

 

嘔吐症状が見られたときに親御さんや周りの人が子どもと一緒になってパニックを起こしたりすると、子どもの自律神経のバランスが崩れてしまい、さらに症状が悪化することがあるのです。そのため、親御さんや周りの人間は症状が出ても、落ち着いて子どもが安心して休むことができる雰囲気を作ることが大切なのです。

 

 

嘔吐という症状を目の当たりにすると驚いてしまうのは仕方がありませんが、過剰な対応は症状を悪化させるだけですので、まずは親御さんがリラックスできる雰囲気づくりをすることが大切です。 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

自家中毒(周期性嘔吐症)に関する記事

自家症状の原因は“親”?!意外すぎる原因とは【前編】

  自家症状を引き起こす原因は精神的なストレスであったり、イベント事の前日...

周期性嘔吐症…2歳~6歳の幼児に多く見られる症状と対処法

周期性嘔吐症・アセトン血清嘔吐症という病名を聞いたことがありますか? いまひと...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る