カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

イベントが多い時期には自家中毒に注意!?

 

運動会、発表会、遠足などとイベントが重なるときは重なります。全て子どもにとって楽しみなイベントです。しかしそんな楽しいイベントでも自家中毒の症状につながりやすいことを知っておきましょう。

 

自家中毒って?

「周期性嘔吐症」「アセトン血性嘔吐症」とも呼ばれ、風邪を引いたときのようにだるさが出たり、食欲がなくなり吐き気、顔面蒼白、血圧低下といった症状があらわれます。さらに特徴的なのが激しい嘔吐を繰り返すことです。子どもの息がりんごが腐ったようなにおいになったら自家中毒を疑いましょう

風邪と違う点は、嘔吐はしますが、熱や下痢は伴わないところです。大半は症状がすぐに治りますが、重症化してしまうとけいれん等を引き起こし、意識障害を起こす可能性もありますので早めに病院を受診しましょう。

 

原因は?

原因ははっきりしたことは分かっていないのが現状です。ストレスや疲れからくる自律神経の狂いが原因だとも考えられています。神経質なお子さんは要注意です。例えば、明日は楽しい遠足でさっきまでニコニコだった子どもが、今は顔面蒼白になり嘔吐を繰り返していることもあります。これは「明日は楽しみな遠足だ~」から「バスで吐いてしまったらどうしよう、おなかが痛くなったらどうしよう」の思いが強くなり、不安と緊張に包まれ体が反応してしまうのです。

 

対処法は?

嘔吐を繰り返し、脱水症状が出てしまっては大変ですので、少量ずつでも水分を取らせて挙げてください。糖分も取れるスポーツドリンクが望ましいでしょう。また飴をなめさせてもいいかもしれません。水分をとってもすぐ吐いてしまったり、受け付けられない子は点滴や投薬が必要になるかもしれません。そして、とにかくゆっくり休ませてあげましょう。子どもは大人が思っている以上に疲れや緊張から精神的ストレスを感じてしまうものです。イベントを詰め込みすぎないようにしたり、ゆっくりと過ごす時間を大切にしてください。

 

 

日ごろから子どもにとって安らげる、安心できる場所を作ってあげることが一番の予防策かもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/29-382658.php?category=51])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

自家中毒(周期性嘔吐症)に関する記事

繰り返す吐き気…自家中毒の診断から治療まで

    自家中毒という言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれません。自家中毒は2歳...

子どもの自家中毒~治療のポイントと再発の予防~

       自家中毒とは、正式名称を周期性嘔吐症やアセトン血清嘔吐症と言い...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

自家中毒(周期性嘔吐症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る