カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 三叉神経痛 >
  5. 原因によって異なる顔面痛の病名 それって三叉神経痛?非定型顔面痛?

気になる病気・症状

原因によって異なる顔面痛の病名 それって三叉神経痛?非定型顔面痛?

 

顔面の皮膚に痛みが発作的に生じる病気は俗に顔面神経痛と呼ばれていますが、これは医学的な病名ではありません。

 

顔面の痛みを司っている神経は三叉神経と呼ばれていることから、三叉神経痛と呼ばれています。

 

また、顔面痛の他には非定型顔面痛と呼ばれるものもありますが、これは三叉神経痛と全く異なった疾患です。

 

以下では非定型顔面痛と三叉神経痛の特徴的な違いをご紹介します。

 

◆非定型顔面痛の特徴

・痛みの特徴

重苦しい、鈍い痛み(鈍痛)が慢性で持続し、また「ずきずき」「頭が締め付けられるような」痛みの場合もあります

・刺激

痛む箇所を触ったり、押したりしても痛みが強くなることはありません。

・場所

神経の解剖学的な分布に一致せず、時には痛む箇所が移動したり、広がったりします。

・原因

原因は十分に解明されていません。

・治療法

抗うつ剤が有効です。

 

 

◆三叉神経痛の特徴

・痛みの特徴

電気が走るような痛みが発作的に起こり、数秒から長くても数分以内にその痛みの発作は消失します。

・刺激

洗顔や歯磨きなどの患部の刺激により、激痛が走ります。

・場所

神経走行に一致し、三叉神経の第2枝の支配領域(頬)に最も起こりやすいです。

・原因

三叉神経の脳幹出入り口付近の三叉神経根という場所で、動脈硬化などで蛇行した血管が三叉神経を圧迫することで生じるのが大半ですが、良性の腫瘍による圧迫の場合もあります。

・治療法

抗てんかん薬(カルバマゼピン)とされており、その他には微小血管減圧術という方法もとられます。

 

 

自分の顔面痛がどちらなのかをきちんと識別し、それに応じた治療を行うことで効果が得られます。

 

また、これらの識別は、専門医が診察すれば容易に行えますので、歯科口腔外科だけでなく、耳鼻咽喉科、神経内科、神経外科、ペインクリニックなどでも相談してみると良いです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/08/09-380851.php])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

三叉神経痛に関する記事

原因不明の歯痛・顔面痛…もしかして非定型歯痛・非定型顔面痛?~症状と治療法

  はっきりした原因が自分でもわからないにも関わらず、歯痛や顔面痛に年単位...

三叉神経痛に効くツボとは

ツボは東洋医学の治療法のひとつです。   ツボをマッサージ師に押してもらうこと...


突然ピリッと起こる顔の痛みを取り除く「微小血管減圧術」とは?

  突然ピリッと起こる顔の痛みを取り除く「微小血管減圧術」とは?~三叉神経...

三叉神経痛への鍼灸治療の効果とは?

     顔面の表在感覚は三叉神経が司っています。 その名の通り眼神経、上...

カラダノートひろば

三叉神経痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る