カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 職業性肺疾患 >
  5. 人体への悪影響って?スズの粒子を吸いこむことで起きるスズ症

気になる病気・症状

人体への悪影響って?スズの粒子を吸いこむことで起きるスズ症

特定の物質の粉じんなどを吸入することで、肺のX線画像に異常所見を認める場合があります。しかしこれらの物質の場合、肺の内部で大きな反応を起こすわけではなく、じん肺特有の呼吸器症状や肺機能の低下を起こすことはありません。

 

酸化鉄を吸いこむと鉄塵肺症を、バリウムを吸いこむとバリウム症を、スズの粒子を吸いこむとスズ症を発症します。

 

スズ症

スズは炭素族元素の1つであり、銅の合金として古く青銅時代から利用され、生活の中で多用されているものです。

 

スズの生体内への侵入経路は、経口、経気道、経皮膚の3通りがありますが、有名な物にスズ加工時のスズ粉塵を吸入することによる、良性の塵肺症であるスズ肺が知られています。

 

スズ肺は胸部レントゲン写真の所見では異常として認められますが、これといった呼吸器症状がないため、特に治療は必要とはされていません。

 

普通に日常生活を送っていると、スズは人間の体内に大部分が食物、水と共に経口的に摂取されますが、その大部分(約90%以上)は腸管から吸収されず、尿によって体外に排泄されます。

 

その他、有機スズを除く通常のスズ化合物によるヒトの中毒としては、高濃度のスズを含む缶詰飲食品による急性胃腸炎が知られています。

 

スズの人体への影響

有機スズ(トリブチルスズやトリフェニルスズ化合物)に関しては、防汚または酸化防止を目的として魚網や船底の塗料に大量に使用されており、このような有機スズは、人体に吸収されると副腎皮質ホルモン関連遺伝子に悪影響を及ぼすともされており、近年問題視され、厳しい使用規制が実施されています。

 

このように、スズは塵肺症においては呼吸器症状を出現させないということで良性として扱われていますが、人体に有害であることは否定できません。

 

 

可能であれば粉塵に暴露される環境からできるだけ早めに回避し、自身を安全な環境に置くことをお勧めします。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

職業性肺疾患に関する記事

副腎皮質ホルモンが効果的!慢性ベリリウム症の治療について

       ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用され、その代表的なものに...

塵肺の一種である珪肺(けいはい)の原因はシリカ粉塵の吸入!?

        シリカとは二酸化ケイ素によって構成される物質のことを言います...


石炭の粉塵を吸い続けると黒色肺になる!?

       黒色肺とは、炭鉱労働者などに起こるじん肺の一種で、肺の内部に石...

ナイロン製品加工工場で働く人は「間質性肺炎」になりやすい!?

        化繊肺は、合成繊維の吸入によって起こる慢性的な肺疾患です。合...

カラダノートひろば

職業性肺疾患の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る