カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. 虫刺されをほうっておいたらとびひに!?侮れない虫刺されについて

育児・子供の病気

虫刺されをほうっておいたらとびひに!?侮れない虫刺されについて

虫に刺されたときの症状はいろいろあります。
刺された部分が小さく腫れることもありますし、刺された部分の周りも含めて大きく腫れることもあります。
そしてかゆみや痛みを伴う虫刺されも多く見られます。

虫刺されを放っておいたら…

虫に刺されて小さく腫れたからと言って、病院に行くという人はあまりいないと思います。
多くの場合は家で処置してしまうか、自然に症状が引くのを待つかのどちらかではないでしょうか。

しかし、こうした虫刺されを放っておくととびひになってしまうということもあります。
特に皮膚が腫れていたり、傷があると、傷の隙間から細菌が体の中に入り込みとびひに進行しやすくなるのです。

 

「とびひ」って?

とびひはあっという間に広がってしまう皮膚症状で、あっという間に皮膚が真っ赤に腫れて高熱が出てしまいます。

ここからブドウ性球菌性熱傷様皮膚症候群という疾患になることもあり、そうなった場合には入院をしての手術が必要になります。
特に夏の時期は日本は高温多湿で細菌が繁殖しやすいですので注意が必要です。

 

とびひになってしまったら

とびひは感染力に非常に強い疾患ですから、お風呂は一番最後に入る、あるいはシャワーで済ませるといった方法をとるとよいでしょう。
学校を休むまでする必要はないのですが、プールは避けるように指示されるかもしれません。

日常生活の中では特に子ども自身のかきむしりに注意しましょう。
普段から皮膚が弱くかきむしる癖がある子は特に注意が必要です。

かきむしった末にかきこわしてしまうとどんどん悪化してしまいますので、爪を短く切っておくことも大切です。
同時に皮膚自体を清潔に保っておけば早期回復の補助になります。

 

通常の状態のときから皮膚が弱い場合は特にですが、単なる虫刺されでもあまり軽視しない方が良いでしょう。

 

 (Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/12-010204.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫刺されたに関する記事

刺す虫は意外と多い!ブヨ、クモ、ムカデ…油断は禁物!

子どもは外で遊ぶのが多い分、大人よりも虫などに接する時間が多いです。これはすな...

虫に刺されてかゆい・・・こんな症状のときどうする?

  外で遊ぶ子供は外にいる虫に刺されることがありますし、家の中にいるときでも家...

虫刺されたの体験談

虫刺されのあと

長女は身体が弱いということではないのですが、肌は冬は乾燥、夏はあせもで荒れてしまって、アトピーの疑い...

生後4カ月の虫刺され~ヤマヒルに噛まれた話~

生後4ヶ月の頃、ヤマヒルに噛まれました。普通では、めったにありえないことだと思います^^; そ...

カラダノートひろば

虫刺されたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る