カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. AEDは乳児に使っていいの?

育児

AEDは乳児に使っていいの?

 

小さな子どもが心肺停止したらどのように対応しましょう。小さな子と言ってもそれがもし乳児だったら正しく対応できるでしょうか。

いざというときに「大人と同じでいいの?だめなの?どっちなの?」と迷ってしまうと、無為に時間が過ぎてしまうことにもなりかねませんから、知識を持っていることは重要です。

 

 

乳児の心肺停止は大人のそれと異なり、呼吸が停止したことからの心肺停止であることが多くあります。そのため心肺停止の状態で発見されたときにはすでに全身に取り込まれた酸素を使い果たしていることが多く、まずは酸素を体の中に入れてあげることが最重要になります。それに次いで体の中に入れた酸素を全身に送るために心臓マッサージが必要になります。心臓マッサージを行う方法としては、手で行う場合もありますが、AEDという方法もあります。

 

AEDは乳児に使えるの?

AEDは電気ショックを与えて心臓の動きを再び動かすものです。そう考えると大人と同じ電気の量を乳児に与えて平気なの?と思ってしまうかもしれません。結論から言うと今のAEDは乳児にも使用できます。というのはAEDはエネルギー減衰機能付きであったり、小児用パッドあるいは小児用モードがついていたりするからです。以前までのAEDはこうした小児用があっても適用年齢が1歳から8歳が目安とされていました。しかし、2010年よりこの適用年齢が拡大し、乳児にも使用できるようになりました。

 

小児パットがない場合

基本的に乳児を含む未就学児の場合は小児パットを使用します。しかしこの小児パットがない場合には、パットを貼るときにパット同士が触れ合わないように注意して成人用パットを代用することができます。

 

 

乳児にAEDというと気が引けてしまうかもしれませんが、必要なときには適切に使用できるよう、知識を付けておく、講習会に参加するなどしておきましょう。

  

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2009/01/28-013060.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

ヘビに噛まれた!でも何のヘビに噛まれた?噛まれた場所から判断するヘビの種類

  住んでいる場所が都心部であれば、日常の中でヘビに出会うこともなかなかないと...

打撲による内出血のメカニズムとアザの変化

打撲によりできるアザは、内出血によるものです。内出血はどのような仕組みで起こ...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る