カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃下垂・胃アトニー >
  5. 胃下垂に多い過食と消化不良 どんな症状があるの?

気になる病気・症状

胃下垂に多い過食と消化不良 どんな症状があるの?

胃下垂は、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態のことを言います。症状があまりないケースが多いため、そのほとんどはレントゲン検査などで判明します。

 

重症の場合は、胃が臍部(へそ)のあたりや骨盤の位置まで落ち込むこともあるとされています。しかし、その場合も胃の上部は正常な位置にあり、下部が延びて下へと落ち込んでいる状態であるため、文字通り「胃下垂」と呼ばれています。

 

胃下垂の症状

1. 腹部膨満感

2. 強度の空腹感

3. 満腹感がなかなか得られない(過食)

4. 少量の食事での胃もたれ

5. 食後の下腹部膨満

6. 曖気(げっぷ)

7. 便秘

8. 冷え性

9. 不妊症(女性の場合)

 

胃下垂は、胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいとされています。腹部の手術や出産を繰り返した方、または暴飲暴食、過労、不安などによるストレスが引き金となるともいわれています。

 

胃下垂の方は、胃の蠕動運動機能が低下しているとされ、食事により胃に蓄積された食物が上手く消化されず、未消化のまま排泄されるケースが少なくありません。そのため、通常の方の消化率に比べると、1/3程度の消化吸収しかされないと言われ、俗に「痩せの大食い」などと言われます。

 

その逆に、食物が長く胃内に停滞することで膨満感が続くため、食欲不振になることもあります。

 

食事による栄養を十分に吸収できないため、様々なところに影響が出るケースもあります。胃は何とか内容物を消化しようと胃酸を大量に分泌するようになるため、胃酸過多となり胃炎、胃潰瘍を起こす危険性もが高くなります。

 

食べても太らない、痩せていて羨ましいと思われる方もいるかもしれませんが、胃下垂を患う方は決して体調が良いとは言えません。

 

腹筋を鍛え、適度な脂肪を付けることで胃が押し上げられ、正常になる場合がありますので、規則正しい食生活と運動療法が必要となります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃下垂・胃アトニーに関する記事

胃下垂から胃アトニーにならないように!胃アトニーの治療法

胃下垂は知っている方も多いと思いますが、胃アトニーは知らない方が多いのではない...

胃拡張は腹部膨満と嘔吐を繰り返す危険な病!

        本来、胃の内容量は1.2~1.6リットルですが、食べ物が入ると...


胃下垂・胃アトニーの方にお勧め!胃痛・胃もたれ改善の食事

  胃下垂とは、胃が垂れ下がり、胃全体が正常な位置より下のほうにあることです。...

胃アトニーは胃無力症で、胃下垂と同じ症状になる!?

        胃下垂は、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態のこ...

カラダノートひろば

胃下垂・胃アトニーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る