カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 対処法 >
  5. 関節リウマチの食事に欠かせないカルシウム!

関節痛・腰痛

関節リウマチの食事に欠かせないカルシウム!

        

関節リウマチは、自己の免疫が手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる膠原病の一つで、炎症性自己免疫疾患です。


関節リウマチが消耗性の疾患であることから、良質のたんばく質・ビタミン・ミネラルなどに富んだ栄養バランスの良い食事が、関節リウマチの食事療法になります。


ミネラルのうち、カルシウムおよび鉄については所要量が設定されており、成人期以降、カルシウムは600mg/日、鉄10mg/日です。国民栄養調査成績による対処要領充足はカルシウムが89%とやや低めで、鉄は107%で所要量を満たしています。


若年女子の鉄欠乏性貧血、高齢者(とくに関節リウマチの方と閉経後女性)での骨粗鬆症による骨折予防の点から、ミネラルの十分な摂取が望まれています。


一方、微量元素は、平均的な普通の食生活のもとで欠乏することは稀ですが、静脈栄養や生成食品の摂取により、亜鉛などの欠乏が問題となっています。

 

マグネシウムはヒトのエネルギー代謝を行う脱水素酵素やアルカリフォスファターゼなどの成分で、舌の味蕾の発達にも関係していて、とても大切なミネラルです。関節リウマチの方はこれらのミネラルが不足してしまうと、症状が悪化するとも言われています。


食塩については、減量目標摂取値として10g/日が提唱されていますが、現在の平均摂取量は約12g/日となっています。食塩は多くの成人病の主な危険因子であり、過剰摂取に注意する必要がある一方、ナトリウムと拮抗作用のあるカリウム、マグネシウム、カルシウムなどの血中濃度を下げてしまう原因となります。


関節リウマチの方には、骨粗鬆症予防のためのカルシウムがとても大切ですし、代謝を助けるマグネシウムも大事な栄養素です。


せっかく摂取した大切なミネラルが、塩分(Na)が多くなることで一緒に体外に排泄されてしまうことは実にもったいない話です。関節リウマチの方は、塩分の過剰摂取にも十分気を付け、ミネラルを十分とるように心がけましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/10/15-383283.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

関節リウマチの食事はアク抜きが大事!アクの多い食べ物は注意!

            関節リウマチ(RA)は、炎症性自己免疫疾患のひとつで...

リウマチによる胸骨の痛みの緩和方法

    胸の中心に胸骨という骨があります。リウマチの場合、呼吸によって胸骨が痛...


『砂糖の過剰摂取』は関節リウマチ発症と関連がある?!その理由とは

近年、ハーバード大学医学部の関連病院の研究で、『炭酸飲料を1日1杯以上飲む女性...

関節リウマチの食事は体を冷やす食物を避けましょう!

関節リウマチとは 関節リウマチ(RA)は、自己の免疫が手足の関節を侵し、関...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る