カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. インフルエンザ >
  5. インフルエンザが流行する季節とその感染経路とは?

気になる病気・症状

インフルエンザが流行する季節とその感染経路とは?

   

インフルエンザの流行時期は世界各地で異なり、温帯地域では毎、例年冬季に流行しますが、亜熱帯あるいは熱帯地域では、その地域により様々な流行の形態をみせます。一年を通して低レベルの活動を持続するところもあれば、一年に複数の流行のピークがみられるところもあります。

 

日本では、例年11月下旬から12月上旬ごろに流行が始まり、翌年の1~3初頃に患者数が増加、4~5月にかけて減少していくというパターンがみられます。

 

流行するウイルスは、型、亜型、あるいはその抗原性を含めて毎年変化します。毎年のシーズンでは、平均すると人口の10%程度が感染していると考えられていますが、感染源としての流行するウイルスの種類や病原性、感染経路に関わる気象状況、生活環境の差、人と接触する程度の差、また感染する側のヒトの免疫保有状況など、数多くの因子に影響を受け、その流行開始時期、ピーク、流行の規模などは毎年違っているのが現状です。

 

インフルエンザ流行による罹患患者数は幼児・学童児に多くみられますが、死亡率は高齢者層に多く、インフルエンザ発症後、肺炎を併発して死亡するケースが多くみられます。10~40年周期で新型ウイルスが人間界に出現し、パンデミック(氾世界流行)を引き起こして、世界中に大規模な被害を及ぼします。

 

感染経路
1.咳嗽による呼吸器飛沫の吸引、あるいは接触による感染を引き起こします。
2.閉鎖空間など限定的な環境では飛沫核感染もありえます。


飛沫核感染とは、咳やくしゃみなどによって飛び散った飛沫が空気中で乾燥し、浮遊する微粒子に付着した病原体を吸い込むことによって感染することを言います。

感染者・保菌者から遠く離れていても感染する、空気感染です。空気感染の場合は感染拡大が大きいとされ、注意が必要となります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/23-382345.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インフルエンザに関する記事

加湿+掃除で漂うウイルスを撃退!細菌が繁殖しやす時期の食中毒予防

  日本の夏は高温多湿で、細菌が繁殖しやすくそれによって食中毒などが起こります...

副反応などにも注意!インフルエンザワクチン予防接種の受け方

  ワクチンの原料によるアレルギー インフルエンザワクチンはその製造工程で...


インフルエンザの検査の仕方とタイミング

  インフルエンザにかかったかな、と思ったら病院へ行き、感染しているかどう...

「新型インフルエンザ」と「季節性インフルエンザ」の違いとその症状とは?

     冬の間、ニュースなどで良く聞く「インフルエンザ」。毎年、高齢者や子供...

カラダノートひろば

インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る