カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小児がん >
  5. 学校の先生が知るべき「小児がん」の子どもの経験

育児・子供の病気

学校の先生が知るべき「小児がん」の子どもの経験

 

小児がんを発症している子どもが生徒にいる場合、学校の先生は担任の先生をはじめとして様々な先生が、その生徒を受け入れる環境を作ってあげる必要があります。そのためには小児がんについて関係する先生たちが知識を深めておく必要があります。

 

 

小児がんの子どもが体験することを知る

小児がんを発症している子は点滴や注射といった行為を経験してきています。場合によっては毎日そうした点滴や注射を受けることになりますし、それに加えて様々な検査を受けたりすることもあります。入院しているとこうしたことはほぼ毎日ですし、通院であっても12週間に1度はそうしたものを受けることになります。さらに小児がんでは、転移のしやすいがんに対して子どもの体に効果の出やすい抗がん剤を使うことが多くあります。知っている方も多くいると思いますが。抗がん剤は副作用があり、強烈な吐き気をはじめとして、髪がぬけたり皮膚がただれたりします。小児がんを経験している子どもの多くはこうした抗がん剤の副作用も経験していることを知っておきましょう。

 

子どもたちの体を知る

がん治療で多くの化学療法を受けた体は、体自体の抵抗力が低くなっています。そのため、生活の中で様々な危険が考えられます。例えば食事において生のものを食べることは感染の危険があるため禁止ですし、人が多い所へ出掛けるのも避けなければなりません。

 

子どもが入院して経験することを知る

治療のために長期的に入院する子どももいます。入院に親御さんが付き添うケースもありますが、病院によってはそうした付添いをしていないところもあります。その場合は子どもは、がんやその治療で体がつらい上に親元をはなれなければならないことになり、精神的なストレスになることは間違いありません。

 

 

こうした経験は親から事細かに伝えられることはあまりありません。というのもそれよりも学校生活で気をつけてほしいことなど、他にも伝えるべきことがたくさんあるからです。そのため受け入れる先生は積極的に知るようにしましょう。

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/05/22-004461.php]) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児がんに関する記事

悪性リンパ腫の治療には抗がん剤が有効

  悪性リンパ腫は小児がんの中で発生頻度の多いがんの一つです。悪性リンパ腫は、...

小児がんからの復学

  小児がんの入院治療が終了して、時期が来れば復学を行います。 ●復学を...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

小児がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る