カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 摂食障害とリストカット症の方にはカウンセリング治療を!おすすめとその見つけ方

メンタル

摂食障害とリストカット症の方にはカウンセリング治療を!おすすめとその見つけ方

摂食障害に陥り、毎日自分が嫌で嫌で、リストカットをする。そんな毎日がつらくて、誰かに助けてほしい。そういう時はどこへ行けばよいのでしょうか?

 

カウンセリングをおすすめします。

摂食障害とリストカットを併発する方は、簡単にいうとさびしがり屋が多いです。難しい言葉でいうと、境界性パーソナリティ障害、または症候群の人がなりやすく、幼少期から両親に理解されない、またはかまわれているが甘えられない状況におかれ、誰か自分の心に寄り添う人を欲し続ける人たちです。

このタイプの問題を早期に解決するカギは、良き理解者を得て、自分の寂しさをいたわりながら、寂しさとうまく折り合いをつけられるよう成長につきあってくれる人に出会うことです。

 

精神科よりも心療内科がおすすめ

精神科へ行くのも悪くはないのですが、摂食障害に詳しい病院でないと、「薬を出して様子を見てください。」…終わり。となり、薬で気持ちをすこしあげて、寂しさをまぎらわすだけで解決がみえてこない日々になる可能性もあります。

それを防ぐために、摂食障害専門の病院へ行くか、カウンセリングルームをできれば選択しましょう。お近くにカウンセリング施設がない場合は、精神科よりも心療内科をお勧めです。筆者は摂食障害を患っていましたが、心に寄り添ってくれる人を得ることがとても重要だったと感じています。カウンセリングで薬が必要だと判断されれば、必要な病院を紹介してくれます。

 

どうやってみつければいいの?

ネット検索やネットの口コミも有用ですが遠方だったり、人気の病院は通うのにむずかしいことも多いです。かといって近隣によさそうな病院があっても誰もコメントしていないと、どんな病院かわからず、行く気がしないということも起こります。

 

保健所や保健センターに聞いてみよう

おすすめは地域の保健所または保健センターに相談することです。摂食障害者むきのカウンセリングが充実している施設を教えてほしいといいましょう。頼れる親や家族がいない、収入が低くお金が心配…など、そういう細かな質問にも対応してくれ、必要があれば公的支援の受け方も教えてくれます。

 

以上を参考に、良き理解者と出会え、一日でも早く苦しみがやわらぐよう、お祈りしています。

 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

拒食症治療は食事のリハビリ

  かつてドイツで思春期やせ症といわれた拒食症も今や若い女性だけでなく、小学生...

摂食障害はどんなふうに治るか

■弱点の捉え方摂食障害は治る病気です。しかし、「体型や体重を気にせずに何でも食べ...


摂食障害の症状は松葉杖のようなものです

■病気が「治る」ことのイメージを決める摂食障害の人は、病気で苦しんでいるというの...

栄養学的カウンセリングで拒食症を治す

  拒食症と普通食を全然摂らない型の過食症の人は、ひどい栄養失調になり、様々な...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る