カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 治療 >
  6. 食物アレルギーの治療に使われるお薬は何があるの?

アレルギー

食物アレルギーの治療に使われるお薬は何があるの?

 食物アレルギーそのものを治す薬は現在のところ開発されていません。

しかし、食物アレルギーの症状を抑えたり、命に関わるような症状が現れた場合に発作を抑える薬など様々な対症療法的な薬があります。

それぞれどのような薬があるのでしょうか。

 

インタール

万が一誤ってアレルゲンを含む食品を食べてしまった時の為に食前に飲んでおく薬です。アレルゲンの除去がきっちりと行われていれば服用する必要はありません。

また、アレルゲンを摂取してすぐに症状が出てくる即時型タイプの方には効果が無く、食物アレルゲンによってアトピー性皮膚炎が出る方にのみ有効です。

 

 

抗ヒスタミン薬

アレルゲン症状が出てきた時に飲む薬です。ヒスタミンは脂肪細胞から分泌されてかゆみの原因となります。

抗ヒスタミン薬によってヒスタミンの分泌が抑えられてかゆみや湿疹などが良くなります。

ただし、食物アレルギーの方が免疫の過剰反応によって起きています。

免疫の一要素であるヒスタミンの分泌が常に抑えられていると病気にかかりやすくなる事があるなど副作用があるので注意が必要です。

 

 

副腎皮質ステロイド

アレルギーによる炎症を抑えるために使われます。副腎皮質ホルモンには強力な消炎作用があり効果は抜群です。

しかし、長期に渡って大量に使用していると様々な副作用が出てきます。正しく使えばとても効果的な薬なので、医師の指示をしっかりと守って使いましょう。

 

アドレナリン自己注射

アナフィラキシーショックが起こった時に使います。アナフィラキシーショックは急激に症状が進行して命に関わる重篤な症状を呈することがあるので、救急車が来る前に自己注射をする事が認められています。

 

まとめ

今のところ食物アレルギーそのものを治す薬は無いので、アレルゲンの除去が最も基本的な治療となります。

家ではアレルゲンの除去を徹底していても、学校給食や外食などでアレルゲンを摂取してしまう事もあります。もしもの時の為に薬の知識を持っておきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/27-375752.php?category=5)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

正確なアレルゲンを知るための検査とは?食物アレルギーの治療法

     現在の食物アレルギーの一般的な治療法はアレルゲンとなる物質を遠ざけ...

食物アレルギー治療 アレルギーと上手に付き合っていくのが一番の治療法

     現在の医療では食物アレルギーを完全に治癒させることができる治療法と...


食べ物に反応してアレルギー症状が!!食物アレルギーの治療薬とはどんなもの?

  食物アレルギーでは食べ物を食べただけで具合が悪くなってしまいます。小さな子...

食物アレルギーによるその他の症状アナフィラキシーへ治療

食物アレルギーによるアナフィラキシーへの対応ですが、 年...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る