カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. ナプキン・ショーツの選び方は?生理中のパンツスタイルはどうしてる?!

女性のカラダの悩み

ナプキン・ショーツの選び方は?生理中のパンツスタイルはどうしてる?!

ぴったりしたパンツスーツやレギンスを履きたいけど、生理の時はシルエットや経血が気になる…。

そんな人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、生理中のパンツ・ナプキンの選び方と、パンツスタイルのためのパンツ・タンポンについて取り上げてみたいと思います。

 

生理中のナプキンの選び方

生理中の不快感を取り除くために、現在では様々なナプキンが発売されています。

しかし、表示されている構成素材にはあまり違いはありません。

 

迷ったときは、吸収性・つけ心地・ムレ防止など、パッケージのキーワードを頼りにするとよいでしょう。

 

敏感肌の人は、多少高いものであっても「敏感肌用」の質の良いナプキンを選んで下さい。

多い日のみ上質のナプキンを使うだけでも、デリケートゾーンのトラブルを防ぐことができます。

 

ナプキンを付けるときの注意

ナプキンは2時間を目安に取り替えましょう。

それほど汚れていなかったとしても、こまめに変えることをおすすめします。

 

また、ナプキンを付けた時はナプキンの端が折れていないかも確認しましょう。

端が折れたりしてごわつきがあると、痒みの原因になります。

 

生理中のショーツの選び方

今やナプキンは立体ギャザーや羽つき、ショーツタイプなど、進化してきています。

もれない構造のナプキンを付ければ、生理用のショーツにこだわる必要はありません。

 

柔らかく通気性の高いコットン素材が良いでしょう。

おしりまで包み込むような大きめのショーツだと安心感があります。

足の付根を締め付けたり、通気性の悪いものは避けたほうが良いです。

 

みんな対策を考えている、生理の日のボトムス

生理の日のボトムスについて意見を探してみると、

・生理の日は黒いズボンしかはかない

・スカートの方が通気性が良く、ナプキンを交換しやすいのでスカートをはく

・昼でも夜用ナプキンをつけ、スパッツを重ね履きしないと不安

・生理の日はラインが目立たないよう、ゆったりとした服装をする

などの意見がありました。

 

みなさん生理の日の服装にはなにかと気を遣っているようです。

では、生理の時でもいつもとおなじパンツスタイルで通したい、という人はどうしたら良いのでしょうか。

 

薄型ナプキンでも安心の「生理用ショーツ」

生理用ショーツはお持ちですか?

生理のときも、普段と同じショーツを履いているという人は、ぜひ生理用ショーツを試してみてください。

 

生理用ショーツは、防水加工された布でお尻をすっぽり覆うことのできるショーツです。

なかには生理用品の羽根部分をしまえるポケットや、予備のナプキンをしまっておけるポケットが付いているタイプもあります。

 

防水加工されているため、ナプキンから経血が漏れてしまっても、手洗いで簡単に汚れを落とすことができます。

また、ショーツの外ににじみにくいので、パンツや椅子を汚してしまう心配も軽減できます。

 

通常のショーツスタイルのほか、ボクサーパンツタイプや、「オーバーパンツ」と呼ばれる1分丈スパッツのようなタイプ、ストレッチ素材のタイプ、おなかをすっぽりと覆う腹巻タイプや、ホッカイロを入れるポケットがついているタイプなど、さまざまなタイプが市販されています。

 

値段は1枚400円程度から1000円程度が主流のようです。

 

タンポンを使う

生理用品の厚みが気になる人には、やはりタンポンがおすすめです。

タンポンにも、普通の日用、多い日用、特に多い日用など種類がありますので、経血量に応じて使い分けることができます。

 

経血を膣内で吸収してしまうことができるので、ナプキンは使わず、漏れに備えておりものシートを付けておけばOK。

普段通りの細身のパンツスタイルも、シルエットを気にする必要はありません。

 

生理の日でも細身のパンツやレギンスでおしゃれをしたいもの。

ただし、あまりキツいボトムスはナプキンと肌とを密着させ、肌トラブルの原因となりますので、適度なおしゃれを楽しみたいですね。 

 

photo by://www.ashinari.com/

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理用品に関する記事

布ナプキンに興味があるけど実際どうなの?洗い方やにおい、漏れについて

生理痛緩和にも効果があるという布ナプキンを、安心して使うための方法をご紹介し...

使う前におしえて!タンポンの不安を解消しよう!!

タンポンは膣の中に入れて使います。 「使ってみたいけど、怖い!」っていう方も多...


タンポンってどうやって入れるの?

  タンポンってナプキンみたいに漏れを気にすることもなく、スポーツや寝ている時...

インフルエンザのような症状…タンポンショックが原因かも?この項目に当てはまったら注意して

  ナプキンなどの生理用品で、陰部がかぶれたりかゆくなったりするのは、そこに細菌...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る