カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 小麦 >
  5. 除去食 >
  6. 食物アレルギー、小麦!小麦を除去する時のポイントと代用食品

アレルギー

食物アレルギー、小麦!小麦を除去する時のポイントと代用食品

小麦アレルギーは、アレルゲンを摂取した後に運動をするとアナフィラキシーショックを起こす「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」と深い関わりのあるアレルギーです。

 

小麦を除去する時のポイントと、代用となる食品などを紹介します。

 

原因タンパク質

小麦アレルギーの原因となるのは、グルテンと食塩水可溶性たんぱく質の2種類です。グルテンは、グリアジンとグアニンの二つが網の目状に結合して出来ています。

 

小麦粉

小麦粉ではグルテンの含有量が多い順に、強力粉(タンパク含有量12%以上)、中力粉(タンパク含有量9%前後)、薄力粉(タンパク含有量8.5%以下)となります。

 

●強力粉で作る料理

パン、中華めん、餃子の皮、ピザなどに使われます。焼くと固いしっかりとした食感になります。

 

●中力粉で作る料理

うどん、お好み焼き、たこ焼きなどに使われます。

 

●薄力粉で作る料理

ケーキなどのお菓子や天ぷらなどに使われます。

 

●デュラムセモリナ

スパゲティに使われます。タンパク含有量は多いのですがグルテンが少ないので抗原性は低くなります。 

 

代用食

アレルゲンと共通の成分が多く含まれると違う食べ物でもアレルギーがでることがあり、これを交叉抗原性があると言います。

 

●小麦と大麦やイムギ

交叉抗原性が高いので食べれない事があります。

 

●オーツ麦、ヒエ、アワ

人によって違います。

 

●キビ

イネ科でグルテンが含まれていないので、食べられる方が多くいます。 

 

●米

小麦に含まれるたんぱく質は米よりもかなり低いので米を代わりに食べていれば問題はないでしょう。

 

解除の仕方

他の食物アレルギーと同様に、少量の抗原性の弱いものから徐々に抗原性の強いものを大量に与えていきます。

 

スパゲッティ→うどん→パン→お菓子→小麦を使った料理といった順で、少しずつ解除していくのがいいようです。

 

小麦はさまざまな食品に含まれており、小麦アレルギーだと大変でしょう。代用食を上手く利用して、徐々に慣れることを目指しましょう。

 

「アレルギー」で人気の記事はこちら

●大人でもよく見られる食物アレルギー!えびアレルギーの3つの症状とは?

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

おいしい!たのしい!食物アレルギーの代替食材 ~小麦・他編~

  さまざまな材料を使って加工されている代替食材。アレルギーに関係なく、意...

頭痛・慢性疲労の原因は、『グルテン過敏症』にあるかもしれない?

『グルテン過敏症』由来の頭痛・慢性疲労は年々増加傾向にある?!  『グルテ...


小麦を除去した食事方法!

    アレルギーの治療方法の1つに、アレルギーの原因食材を除いた食事をする...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る