カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 三叉神経痛 >
  5. 顔面痛や頭痛を引き起こす頭部神経痛とは?

気になる病気・症状

顔面痛や頭痛を引き起こす頭部神経痛とは?

 

頭痛だけではなく、顔面にも針で刺されるような激しい痛みが度々生じるといった症状に悩まされている方はいらっしゃいませんか?

 

この症状は頭部神経痛と呼ばれる病気の典型的な症状です。

 

◆頭部神経痛の原因とは?

頭部神経痛に関係しているのは、顔面と後頭部にそれぞれ3本ある神経です。顔面に分布する神経を三叉神経、また後頭部に拡がるの神経を後頭神経といいます。この中のどれかの神経が神経痛の原因となります。

 

また、頭部神経痛の他の原因として筋肉の凝りから生じる圧迫や、頭部に広がる神経が血管や骨によっての圧迫などの理由が挙げられますが、詳しい原因はまだ明らかにはされていません。

 

◆圧痛点とは

痛みが起こっている範囲の中で、押したりして刺激を与えると痛む部分のことを圧痛点といいます。走っている神経の起点にあたる部分が圧痛点になります。

 

◆頭部神経痛の治療法

頭部神経痛の痛みに最もよく用いられている薬として抗てんかん薬ビタミンB12が挙げられます。

抗てんかん薬は、その名の通りてんかんに用いられる薬ですが、神経細胞の異常な興奮を鎮める作用があるとされていることから、頭部神経痛の患者さんのうち約半数の人が抗てんかん薬を服用して痛みを軽減することに成功しています。

 

ビタミンB12は、上記の抗てんかん薬による副作用で服用できない人によく用いられており、静脈注射の投与により痛みが軽くなることが分かっています。

しかし、すぐに効果がなくなったり、しばらくの間だけしか痛みがなくならないという人がいる現状から、人によって見込める効果は違うということが言えます。

 

また、圧痛点に直接麻酔を打って痛みを抑える方法である神経ブロックがあります。強く激しい痛みに効果的なので、数時間持続する効果が見込めます。ただし、何度も何度も繰り返し注射すると、逆に痛みが継続することがあるので、医師との相談が必須になってきます。

 

さらに、外科手術で血管と神経を引き離す治療もあります。

この手術により、約80%の患者さんが痛みを抑えることに成功しています。頭痛を治すための外科手術を避けようとする患者さんも多くいますが、頭部神経痛の原因が血管の圧迫が原因だと明らかになった場合には、有効な治療法と言えます。

 

以上が、頭部や顔面の痛みの発作をもたらす原因と、その治療法になります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/11/25-383907.php?category=11])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

三叉神経痛に関する記事

耳の後ろから後頭部にかけてのピリッと来る痛みの原因は?

  後頭神経痛とは?   後頭神経痛という病気をご存知でしょうか?この...

治療しても痛む歯の原因は、三叉神経痛によるものかもしれない!

  治療しても治らない歯の痛みは、「三叉神経痛」によるものかもしれない?!...


顔面痛?三叉神経痛?もしかしてそれは他の病気かも?!

  顔面痛を引き起こす病気として有名なのが、三叉神経痛です。 しかし、三...

動脈による神経圧迫が原因で起こる「舌咽神経痛」について

  動脈による神経圧迫が原因で起こる「舌咽神経痛」   舌咽神経痛とい...

カラダノートひろば

三叉神経痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る