カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 除去食 >
  6. 青魚、白身魚や赤身魚…魚アレルギーの特徴と除去のポイント

アレルギー

青魚、白身魚や赤身魚…魚アレルギーの特徴と除去のポイント

魚のアレルギーと言えばサバやアジなどの青魚のアレルギーが有名ですが、白身魚や赤身魚のアレルギーの方もいます。

 

青魚の仮性アレルギーってなに?

サバなどの青魚にアレルギーが多いと言われる理由としては仮性アレルギーが考えられます。

仮性アレルギーとは、古くなった青魚にかゆみを引き起こすヒスタミンが増えて食べると吐き気や蕁麻疹と言ったアレルギーのような症状が出てくる食中毒の一種です。

純粋な食物アレルギーと仮性アレルギーの鑑別は難しくなります。

 

交叉抗原性がある!

魚は種類が違っても他の魚と構造が似ている為に複数種の魚に対してアレルギーが出やすくなっています。

代表的なものとしてはサバ、アジ、サンマ、マグロ、サケ、タラ、カレイなどのアレルギーがあります。

 

魚卵は大丈夫?

鶏の場合は鶏卵でアレルギーが出る人は鶏肉でもアレルギーが出る事がよくあります。しかし、魚と魚卵は鶏ほどは構造が似ていません。

鮭アレルギーがあるからといってイクラでアレルギーを起こすとは限りません。

それでも100%無いとは限らないので念の為に検査はしておきましょう。

 

生魚は成長してから

アレルギー予防の為にも、まだ消化吸収能力の未発達な乳幼児に生魚を食べさせるのは控えた方がいいでしょう。消化の悪い生魚を乳幼児が食べるとアレルゲンとなるタンパク質が十分に消化されないまま吸収されてアレルギー反応を起こす原因となります。2歳ごろまでは必ず火を通した魚を与えるようにしましょう。 

 

まとめ

青魚の場合は仮性アレルギーが出る事もあるので、鮮度の良い魚を食べるようにしましょう。魚アレルギーは成長と共に改善していくことが多いので、乳幼児への生魚は厳禁です! 

 

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

アレルギーの方は気をつけて!食品表示に気をつけてアレルゲンを遠ざけよう!

    アレルゲンとは、食物アレルギーを引き起こす原因となる物質の事です。 ...

アレルギーの食品を抜いても他のもので代用できる!代用食品でおいしい料理を♪

     アレルギー食品を抜いて調理をすると味気ないものになってしまったり、...


食物アレルギーの除去食の期間って?

  食物アレルギーの治療の基本と言えば除去食です。対象となる食物を除去して、ア...

除去食と代替食の違いって?

食物アレルギーの治療の基本となっているのが除去食です。 原因となる食物を取り除...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る