カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. 食物日誌をつけてアレルゲンを特定しよう!アレルギーへの対処法

アレルギー

食物日誌をつけてアレルゲンを特定しよう!アレルギーへの対処法

食物アレルギーの最も有効な治療法はアレルゲンの除去です。どのアレルゲンによってアレルギー症状を知るためには、検査も大事ですが毎日の記録を付けていくことが非常に大きな手掛かりとなります。では、具体的にはどのような事を書き込んでいけばいいのでしょうか?

 

何を食べたか

3食の献立だけでなく間食に取ったおやつの時間や内容も書いておきましょう。料理に使った素材や調味料、油、何をどれだけ食べたかも書きましょう。調理法によってもアレルゲンとしての強さが変わるので加熱の度合いなども書き込みます。

 

食べた量

アレルギー反応の出やすさによっては少量では反応しないが大量に食べると反応するような人もいます。食べた量も記録して症状と比べられるようにしましょう。

 

アレルギーが出るまでの時間

即時型アレルギーでは30分以内に症状が出ます。一方、遅延型食物アレルギーではアレルゲンを摂取してから1~2日ほど経ってから症状があらわれます。

 

アレルギーの持続時間

即時型アレルギーの場合は症状が現れてから消えるまで一時間以内であることが多く、遅延型アレルギーでは個人差や体調によって持続時間はまちまちになる人が多いようです。

 

どのような症状が出たか

即時型アレルギーの方の殆どに見られるのが皮膚症状で、かゆみや湿疹、紅斑が出ます。

次いで、呼吸器症状として咳や息苦しさ、喘息が出ます。他にも消化器症状として腹痛、口の不快感、下痢、嘔吐などが見られることがあります。

遅延型アレルギーの方はなかなか引かない湿疹や長引く下痢といったものが見られます。

 

アレルゲンとなる食品は人それぞれで多種多様のものがあるので全てを検査するのは大変です。検査で陽性だからといって症状が出るとは限りませんし、検査の値が低くてもアレルギーが出る事もあります。

 

食物日誌をつけていればある程度の当たりをつけれるのでアレルゲンを特定しやすくなります。手間のかかる者ですが、食物アレルギー治療にアレルゲン特定は欠かせないので頑張りましょう。

 

「アレルギー」で人気の記事はこちら

●大人でもよく見られる食物アレルギー!えびアレルギーの3つの症状とは?

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

子供が食物アレルギーを出した時にどう対処する?

    子供がアレルギー症状を発しているのに周りの大人はどうしていいのか分か...

食物日誌をつけてチェック!遅発型食物アレルギーと即時型食物アレルギーの違い

食物アレルギーには、アレルゲンを摂取してから数分から2時間以内には症状の出てく...


子どもがアレルギーでからかわれたらどうすればいいの?

  食物アレルギーの子がいくら増えたとは言ってもクラスの中ではやはり少数派です...

アナフィラキシーショックが起きた時は…?エピペンはどんな時に使えばいいの?

    食物アレルギーでアナフィラキシーショックが起きた場合、発作を抑えるた...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る